コンビニで買える【バストアップに効果的な食べ物は?】おやつタイムでバストアップ♪

バストを大きくしたい!」と思ったことがある女性は多いのではないでしょうか?

バストが大きいゆえに悩んでいる女性の方もいると思いますが、小さい人からするとやっぱり少しうらやましいと思うものですよね。

しかし、「バストを大きくしたいけど、豊胸手術やサプリまではちょっと…」と抵抗がある人も少なくありません。

そんな方におすすめなのが、日頃の食事を一工夫してバストアップを目指すことです。

どんな食材がバストアップに良いとされているのか?気になる方はぜひ今後の参考にしてくださいね。

食生活はバストアップに関係する?

まず前提として、バストのおよそ9割は、脂肪で構成されています。これは知っている人が多いかもしれませんね。

単純に、体重が増える→脂肪が増えるという過程を経れば、バストは大きくなるでしょう。

となると、「じゃあいっぱい食べて脂肪を付けよう!」と考えられますよね。バストだけに脂肪が付けば良いですが、現実はそんなに上手く行かず…。

バストに付くどころか全体的に脂肪が付いて太ってしまったり・・・ただ単に体重を増やせば良いというわけではないのが、難しいところです。

しかし、食材によってはバストアップに良いとされているものがあります!

たとえば、バストの発達に欠かせない女性ホルモンと似ている働きを持つ「イソフラボン」が代表的ですね。

もちろん、「この食材を食べたからバストアップする!」とハッキリと効果が出るかと言われれば、難しいのが実際のところです。

しかし、体の内部からきちんと栄養補給をすることはバストアップの土台作りとも言えますので、決して無駄にはなりません!

それでは、バストアップに良いとされる食べ物をいくつか紹介します。

効果的な食べ物

「バストアップに効果的な食べ物といえば?」と聞いて思い浮かべるのは、やはり豆乳(イソフラボン)でしょうか?

実は他にも効果的とされている食べ物があります。

日々の食事に、仕事の休憩タイムに、コンビニで手軽に買えるものもあわせて紹介します♪

■豆乳

★成分:イソフラボン

★その他の食べ物:納豆、豆腐など

豆乳というよりも、広いくくりで「大豆食品」が当てはまります。

「イソフラボン=バストアップに良い」と分かっていても、「実際にはなぜ良いとされているのか?」というのを知らない人も多いのではないでしょうか。

バストが大きくなるには、女性ホルモンであるエストロゲンが欠かせません。エストロゲンは、乳腺を発達させる働きを持つ成分です。

イソフラボンは植物エストロゲンの1つと言われ、似たような働きを持っていることから、バストアップに良いとされているのです。

イソフラボンを豊富に含む大豆食品で代表的なものと言えば、豆乳・納豆・豆腐などがあります。

豆腐は低カロリー食材としても女性に人気ですよね!

 

View this post on Instagram

 

e_riさん(@e_ri_mama)がシェアした投稿

また、最近では調整豆乳の紙パックサイズが種類豊富に発売されています。

コンビニなどでよく見かけますよね。コーヒーショップのメニューにあるソイラテも豆乳です。

日々の食事だけでなく、ちょっとしたおやつや休憩タイムにも摂取できるので、取り入れやすさは抜群です。

ただ、あまりにも過剰摂取し過ぎるとエストロゲンの分泌にも影響しますので、適度に取り入れるようにしましょう。

ちなみに、食品安全委員会によると、70~75mgが一日の摂取目安量とされています。

 

View this post on Instagram

 

Nanakoさん(@nanaaaaaaako.s)がシェアした投稿

こちらの調整豆乳には、200ml紙パックに43mgのイソフラボンが含まれています。(キッコーマン公式サイトより)

1~2本を飲み切る程度には全く問題ありませんね!

納豆は、1パック45gのものは約36mgのイソフラボンが含まれています。(フジッコ公式サイトより)

普段の食生活に取り入れる程度でしたら、摂り過ぎということにはほぼならないでしょう。

■リンゴ

★成分:ボロン

★その他の食べ物:キャベツ、ブドウ、梨、わかめ、ひじきなど

知らない人も多いかと思いますが、リンゴに含まれる「ボロン」という成分も良いとされています。

ミネラルの1つであるボロンは、エストロエンの分泌を活性化する働きがあるとされています。

つまり、ボロンを積極的に取り入れることでエストロゲンの分泌が活性化し、バストアップ効果が期待できるという訳です

他には、キャベツ、ブドウや梨などのフルーツ、わかめやひじきなどの海藻類などに含まれています。

 

View this post on Instagram

 

@311ckeyがシェアした投稿


コンビニでは一人分のカットフルーツが売られています。仕事で忙しい中でも、お昼ご飯にちょっとプラスするだけで手軽に食べられるのでおすすめです。

また、ボロンは熱に弱いミネラルです。

キャベツなどは過熱して食べるよりも生で食べた方が良いでしょう。塩こんぶと合わせた塩キャベツが手軽ですね♪

■鶏肉

★成分:たんぱく質

★その他の食べ物:牛乳、チーズ、卵など

たんぱく質は筋肉の形成だけでなく、女性ホルモンの分泌にも必要です。

女性ホルモンのもとにもなるコレステロールを補うためには、鶏肉、牛乳やチーズなどの乳製品に含まれる動物性たんぱく質を取りましょう。

 

View this post on Instagram

 

山下麻優美さん(@maimai_y13)がシェアした投稿

ささみは低カロリー食材としても人気なので、ダイエット中でカロリーをおさえつつも良質な動物性たんぱく質を取りたい方におすすめです。

手軽に食べられるサラダチキンも人気ですね!

 

View this post on Instagram

 

m/kさん(@marimonokannsatsu)がシェアした投稿

ヨーグルト、飲むヨーグルトは少し小腹が空いたときのおやつにもぴったりです。

ギリシャヨーグルトはあまいソースがかかっているものが多いので、デザート感覚で食べられますよ♪

■ナッツ類

★成分:ビタミンE

★その他の食べ物:かぼちゃ、アボカド、モロヘイヤなど

ビタミンEは血行促進をサポートする働きがあり、女性ホルモンを活性化してくれます。

バストが小さい人は、血流が悪くバストまで栄養や女性ホルモンが運ばれていないというのが理由の1つにあります。

せっかくバストアップに効果的とされている栄養を摂っても、それがしっかりとバストへ運ばれなければ意味がありません!

そこでビタミンEが含まれるナッツ類を食べることで、バストへと行きわたるようにしてあげましょう。

他には、かぼちゃやアボカドなどに豊富に含まれています。

かぼちゃやアボカドは献立メニューとして取り入れられますが、ナッツ類はおやつとして食べるのも良いでしょう。

 

View this post on Instagram

 

lilicoさん(@lilico.kamo)がシェアした投稿


ナッツやレーズンなど色々入っているものはちょこっとつまめて便利です♪

血行促進という点では、冷えはバストアップには大敵です。

寒い時期でも冷えすぎないように手足を暖めたり、体を動かしたりすることで、血行不良にならないように心がけましょう。

継続することが大事!

「一日に集中して食べたから終わり」ではなく、毎日継続して食べることが重要です。

すぐに効果を実感できないからこそ、根気よく続けていきましょう!

バランスの良い食事を摂ることは、バストアップだけでなく自分の健康維持にも繋がります。

他にもエクササイズやマッサージなどと両立しながら、綺麗なバストアップを目指してください♪

healthcare

ranking