プチ節約はじめてみませんか?【今日からできるプチ節約術】

今日から実践できる簡単!節約術を紹介します!

マイボトル・マイタンブラーを使う

 

View this post on Instagram

 

フリーデザイン | 北欧・ロングライフ・スタンダードさん(@freedesign_jp)がシェアした投稿

まず始めやすいのが、マイボトル・マイタンブラーを使うこと。仕事やお出かけ、ドライブのお供にマイボトルを持参してみてはどうでしょう?

いつもコンビニでペットボトルを買うことが習慣になっているのなら、これだけでかなりの節約になりますね!

マイボトル・マイタンブラーは節約のほかにもメリットがたくさん!保温機能の高いマイボトルを用意しておけば、夏は冷たい・冬は温かい飲み物を長時間キープできます。

お茶やコーヒー、紅茶などその日の気分に合わせて好きな飲み物をいれて持ち歩けるところも魅力です!

また、お気に入りのボトルやタンブラーを使えばテンションもあがりますね!様々な種類のデザインがあるので、自分のお気に入りを探してみると面白いですよ。

さらに、スターバックスやタリーズなどのコーヒーショップで割引があるのをご存じですか?マイボトルやタンブラーを持参すると、紙コップ等の資源削減に協力したということで、20円~30円ほどの割引があるそうです!環境にもお財布にも優しいなんて!

マイボトルを持っていたらぜひ利用したいサービスですね!

図書館を利用する!

本代節約のために図書館を利用している方が意外と多いようです。通勤時間の電車の中でも図書館のバーコードがついた本を読んでいる方をよく見かけます。

今はネットでもすぐに買えてしまいますが、近所に図書館があったなぁ~と心当たりのある方は、ちょっとのぞいてみてはいかがでしょう?

文庫本なら1冊当たりだいたい5~600円程、単行本なら1~2000円程しますから、そこで読みたかった本が見つかればラッキーですよね。

気に入った本や好きな本は、いつでも読めるように購入して手元に置いておきたいですが、普段読まないジャンルの本は図書館をうまく利用できれば、手を伸ばしやすくなりますね。また、本は返却するので、家の中の本が少なくなりスッキリ!

シャワーヘッドを取り替えてみる!

 

View this post on Instagram

 

r i k a *さん(@riii625)がシェアした投稿

意外と節約の効果を感じられるのが、節水用のシャワーヘッドを使用することです!

■節水シャワーヘッドって??


節水シャワーヘッドとは、シャワーの出る穴の数が少ないために水の使用量を少なくする事ができる節水グッズですが、水圧はむしろ高くなるために快適な使用感で節水することができるものです。

(出典:1月8000円も?!節水のカギはシャワーにあり/All About  )


家電量販店や、ネットなどで購入できます。価格の高い物から安い物まで様々な種類がありますが、2000円程度で購入している方が多いようです。

■取り付けもとっても簡単!!

元々付いているシャワーヘッドの根元は大抵ネジ式になっているのでクルクルと回して外し、節水シャワーヘッドをクルクルと回して取り付ければ完了!

メーカーによっては付属品を使う場合もあるようですが、女性でも簡単に取り付けができます。節水とは言え、使用感も悪くないようです!

水量を減らしつつも、十分な水圧と肌触りを感じられるとのことなので、ぜひ取り入れてみたいですね。今までの水道料金との比較も楽しみになりそう!

ドラッグストアをチェックする

普段、化粧品や日用品はどこで購入していますか??下地やファンデーションなど、高額になってしまうことが多い化粧品。毎日使う物だから、消耗も早いですよね。

ドラッグストアでは有名メーカーの化粧品が20~30%OFFになることも!そんなタイミングで購入できるとお得ですよね。

また、お肌に合うようならプチプラで購入できるドラッグストアコスメもオススメです!化粧水や日焼け止めなどの基礎化粧品や、洗剤などの日用品をはじめ、食料品を取り扱うドラッグストアも増えてきて、いつも通っているスーパーよりも安く買える場合もあるので、チェックしておきたいですね!

できることからコツコツと♪

探してみると節約につながることが結構いろいろと見つかります。毎日使う物や、日々の生活の中で自分のできるところから始めてみてはいかがでしょう!?

飲み物をマイボトルで家から持参した日や、買おうと思っていた本が図書館で借りることができた日など、プチ節約ですこし浮いた金額を『つもり貯金』してみるのも面白いかもしれませんね。目に見えることで節約が楽しくなりそう!

切り詰めた節約は精神的にも辛くなってしまうことがあるかもしれませんが、今回ご紹介したようなちょっとした心がけで取り組める節約なら、楽しく続けられるのではないでしょうか?ぜひお試しくださいね!

money

ranking