春からはこれでOK!【オフィスカジュアル】で着回せる服

3月になると新年度に向けた準備に取りかかる方も多いでしょう。

新入学・新入社、新生活、引っ越しなどなど、人によっては大きな転機となる季節です。

「自分は特にないからいつも通り!」と思っている方!

ぜひこの季節を機会に、心機一転!基礎から見直してみませんか?

生活習慣肌のお手入れ日頃のファッションなどなど、意外と気合いを入れないと見直すのって面倒ですよね。

そこで今回は第一弾!特に働く女性向けの【オフィスカジュアルの基礎】をご紹介します!

新しくお洋服を買う人も、何を買い足そうか迷っている人も、ぜひ参考にしてみてください♪

オフィスカジュアルとは?

様々な場面で『オフィスカジュアル』という言葉を聞きますが、いまいち漠然としていてイメージが掴みにくい言葉ですよね。

「オフィスカジュアルとはこれ!」という明確な範囲がないので、余計困ってしまいます。また、会社の雰囲気や業務内容によっても違ってきますね。

しかし、どのオフィスカジュアルにも共通するキーワードが3つあります!

清潔

1点目は、清潔感を欠かさないこと!どの仕事においても、清潔感というのは必ず意識することが大切です。

ヘアスタイルやメイクなどの身だしなみが清潔感に繋がりますが、オフィスカジュアルを完成させるには服選びも「清潔」を意識しましょう!

Tシャツスウェット生地はゆったりとしていて着心地は良いですが、職場によっては、だらしなく見えてしまうのでNGな所もあります。ダメージジーンズも同様のことが言えるでしょう。

また、ノースリーブオフショルダーミニスカートなどの露出が過度に多い服装も避けたい所です。

 

機能的

2点目は、動きやすさを意識して機能的な服を選ぶこと!

たとえば床に落としてしまったものを拾うとき、丈が短いスカートを着ているとしゃがみにくいですよね。

長さが足首まであるマキシ丈のスカートや、高すぎるハイヒールなども動きづらいことが多いのでおすすめできません。

 

調和

最後は、周り(職場)の雰囲気に合わせることです。

たとえば、かっちりとスーツを着ている方が多い職場なら、女性でもジャケットやシャツを着用したり、逆にそこまで堅すぎない服装が多い職場なら、ブラウスにスカートといったカジュアル目な服装にしたり。

自分だけ異様に浮いてしまっては、なんだか居心地が悪く感じてしまうこともあるかもしれません。

オフィスカジュアルの範囲は様々ですので、周囲の方のファッションを真似することから始めるのも良いですね!

 

次に、トップス・ボトムス・アクセサリーを選ぶときに知っておくと便利なポイントをご紹介します。

トップス

オフィスカジュアルの定番とも言えるのが、ブラウスシャツです。

襟付きシャツは、1枚着るだけできちんと感が出るので便利なアイテム!

eriさん(@eri.khtn)がシェアした投稿

ホワイトやブルー、薄いピンクは基本的に色々なコーディネートに着回せるので万能カラーになります。

Uネック(Vネック)カーディガンを羽織れば肌寒い季節でも着回せるので、ぜひ持っておきましょう♪

もしワンポイントでカラーリングのある服を着たい場合は、インナーやボトムスではなく、カーディガンのようにさっと羽織れるものが良いでしょう。

生地はスウェットやジャージ素材はNG。ポリエステルナイロン、季節によっては綿などといった「だらしなく見えない素材」を選ぶのがおすすめです。

ボトムス

スカートの場合はレース付きスカートフレアスカートプリーツスカートが良いでしょう。

これらはポリエステルナイロン素材が多いのに加え、レース素材があるものは上品に見えるのでオフィスカジュアルにぴったりです。

丈は短すぎず長すぎず、膝が隠れる丈をチョイスしましょう!

パンツの場合は、動きやすいワイドパンツやシルエットの綺麗なテーパードパンツが良いでしょう。

U.stylingさん(@u.styling)がシェアした投稿

パンツを選ぶ際には、センタープレスのあるものを選ぶとオフィスにぴったり!特にワイドパンツはカジュアルに見えすぎてしまう場合があるので、センタープレスのあるもの、ドレープ素材のものがおすすめです♪

テーパードパンツは足首を見せることでスッキリしますので、裾が長すぎる場合はお直ししてもらいましょう。

チノパンを着用する場合は、襟付きシャツなどきちんとした印象のあるトップスを合わせるのがおすすめ。

アクセサリー

着用する場合、基本的に派手すぎないものがベストです。

ピアスは小さめのものを付けたり、ネックレスはジャラジャラし過ぎていない華奢なものが無難です。

また、いまの季節はまだ冬の寒さも残っており、肌寒く感じることがありますよね。そのようなときは、薄手のスカーフを1枚首回りに巻いてみてはいかがでしょうか。

モノトーンコーデになって少し地味すぎる!と感じたときに、薄いイエローやピンクのようなパステルカラーのスカーフを身につけると一気に明るくなります!

これからの季節は紫外線も強くなり、首の日焼け対策にもなるので重宝すること間違いなしです。

オフィスコーデも楽しんで♪

いかがでしたか?

「これさえあれば着回せる!」という服をいくつかご紹介しました!

寒い日もあれば暖かい日もあり、コーディネートが難しい季節。ぜひ自分なりのおしゃれも楽しみながら、オフィスカジュアルを楽しんでみて下さいね。

 

参考サイト

AllAbout「夏のオフィススタイル常識・非常識」(https://allabout.co.jp/gm/gc/191910/all/)

lifestyle

ranking