【むずむず脚症候群】はここで解決!原因からケア方法までご紹介

最終更新日:2018年10月12日

「夕方や夜になると脚がむずむずする!」といったお悩みはありませんか?

疲労のせいではなく、もしかしたらむずむず脚症候群かもしれません。

認知度が低いゆえにあまり知られていないむずむず症候群の症状や原因、そして自分でできるむずむず脚症候群の解消法をご紹介します!

特に、夜に寝付けなくて困っている方・夕方になると脚に不快感を感じる方におすすめしたいのが、自分でできるむずむず脚症候群の解消法です。

どんな解消法があるのかいち早く知りたい方は、こちらよりご覧ください!

むずむず脚症候群って何?

まずは、あまり聞き馴染みのないむずむず脚症候群についてご説明します。

むずむず脚症候群とは、主に脚などに、むずむずする不快感痒みを伴う痛みが慢性的に発生する状態のことです。

脚以外にも、手などの身体末端にむずむずを感じることもあります。

別名で、「レストレスレッグス症候群」や「下肢静止不能症候群(かしせいしふのうしょうこうぐん)」とも言われています。

あまり聞いたことのない名前なので珍しい病気のように思えますが、実は日本国内の推定患者数は、人口の約3%と言われています!

しかし、むずむず脚症候群の社会的認知度が低いということもあり、実はもっと多くの患者が潜在している可能性も・・・。

むずむず脚症候群をわずらっている人の中には、周りへの認知度が低いことを悩みとして抱えている人もいるようですね。

たしかに、周囲への理解が十分でないと、むずむず脚症候群であることを打ち明けるのは大変なことでもありますよね。

最近では、女優の菜々緒さんがむずむず脚症候群の悩みをつぶやいたことでも話題になっています。

菜々緒さんは自己流の解消法(メディキュット+脚の冷却シート)を実践しているようですが、実はむずむず脚症候群にはきちんとした解消法解消するためのケアアイテムがあります。

後ほどご紹介しますが、「今すぐ知りたい!解消したい!」という方は、むずむず脚症候群のケアアイテムをご覧くださいね!

他にも、「病院に行ったが具体的な病名や原因は分からなかった」「むずむずやかゆみのせいで、仕事や家事に手が着かない」といった悩みを抱えている人も多いようです。

「脚がむずむずする原因を知りたい!」と思ってこの記事を読んでいる方のなかには、むずむず脚症候群という病名を初めて聞くという方もいるのではないでしょうか?

顕在・潜在患者を含めると、約500万人近く存在するとも言われています。

むずむず脚症候群は、見た目だけでは一切症状が分からないので、大変さやつらさは本人にしか分かりません。

広く世間に知られていないだけで、実は多くの人が悩んでいる病気なのですね。

むずむず脚症候群の症状と特徴

次に、むずむず脚症候群の具体的な症状についてです。

脚のむずむずに悩んでいる方は、自分の症状と照らし合わせて読んでみて下さいね!

基本的にむずむず脚症候群は、ずっと座っていたり、寝ていたりなどと、じっとした姿勢を長時間続けていると症状が現れます。

主な症状としては、脚などの下肢の部分に

むずむずする

ぞわぞわする

痒くてじっとしていられない

刺すような痛みがある

虫が這っているような感覚がある

などの感覚が現れます。

また、大きな特徴として、「夕方から夜にかけて症状が目立つようになる」ということです。

「デスクワークで夕方になると脚がむずむずして集中できない」

夜の就寝前に脚がぞわぞわして寝付けない」

などでお悩みの方は、むずむず脚症候群かもしれません。

 

また、時には激しい痛みを感じるなど、その症状は人によってさまざまです。

このむずむず感や痛みなどの不快な感覚が、下肢や時には背中などにまで現れることもあるようです。

症状が出ると、人によっては脚を動かしたり身体をさすったりして症状を和らげるしかなくなる状態が続きます。

■当てはまったら要注意!4つの特徴

実際に、どのような症状や特徴が現れたらむずむず脚症候群と考えることができるのか?気になりますよね。

「脚がむずむずするけど、これが本当にむずむず脚症候群なのか分からない!」と悩んでいる方もきっと多いかと思います。

そこで、これに当てはまったら要注意!な4つの特徴をご紹介します。

ぜひご自身の症状と照らし合わせてみてくださいね。

 

(1)脚の不快な感覚のため、脚を動かしたくてたまらなくなる

(2)安静にして、横になったり座ったりしていると症状があらわれる、または強くなる

(3)脚を動かすと、不快な感覚が軽くなる

(4)夕方から夜にかけて症状が強くなる

(大塚製薬 レストレスレッグス症候群「どんな症状があるの?」より一部引用)

 

むずむず脚症候群の症状には、特徴的な自覚症状があります。

(1)は、脚表面の不快感ではなく、脚の内部(深部)に不快感を感じることが特徴です。

(2)は、じっとして動かない時間が続くと症状が出てくる場合が多いです。

(3)は、不快感を感じても足を叩く・歩くなどの動きがあると症状が軽くなることがあります。

(4)は、症状があらわれやすい時間帯です。特に就寝の時間帯に強くなる方など、様々です。

これらに当てはまる場合は、むずむず脚症候群の可能性があると考えてよいでしょう。

■生活への影響

(1)寝不足

寝不足にお悩みの方は、もしかするとただの寝不足ではなく、むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の可能性もあります。

ただの寝不足だと思ってむずむず脚症候群を放置していると、日常生活で長時間座ったり、じっとした姿勢を続けたりすることが困難になるなど、症状が大きくなることも…。

(2)疲労・眠気

睡眠不足は、日中の時間帯にも影響を及ぼします。

睡眠不足となれば、疲労が取れず溜まっていったり、仕事などに取り組んでいる最中に眠気に襲われたりと、日々の生活に支障をきたしてしまいます。

(3)気分が良くない

脚がむずむずしているというのは言うまでもなく不快ですよね。

眠れない・集中できないという影響だけでなく、「気分が良くない」といった精神的な悪影響まで及ぼす可能性もあります。

では、脚のむずむず感・不快感はどのようなことが原因で起こるのでしょうか?

むずむず脚症候群の原因

正確な原因はまだ解明されていないようですが、ドーパミンの機能低下や代謝の異常、末梢神経の異常などが原因として考えられているようです。

一番有力な仮説として、脳内での鉄分の欠乏や、ドーパミンの合成異常が関わっています。

人間の神経で情報の受け渡しを行う神経伝達物質であるドーパミンは、鉄分が不足すると分泌量が減ってしまいます。

これが第1段階の鉄分・チロシン・葉酸の不足に当たります。

葉酸とは、ビタミンB群の仲間です。細胞が新しく作り出されるのを支えたり、赤血球の生産を助けたりなどの働きを持っています。

チロシンとは、アミノ酸の一種です。神経伝達物質であるドーパミンは、チロシンの水酸化によって作られます。

鉄分・チロシン・葉酸が不足してしまうと、第2段階のドーパミンの伝達機能低下に繋がります。

伝達機能が低下することにより、<当たる空気や衣服のこすれなどのささいな動きを刺激として伝達してしまう>のです。

つまり、情報を正しく伝えることができなくなってしまいます。

特に就寝時にむずむずとした不快感を感じやすいのは、布団やシーツがこすれて起こるささいな刺激を、伝達機能の低下によって大きな刺激として伝えてしまうからと考えられます。

その結果、脳への情報が誤って伝えられるため、身体の感覚にむずむずとした異常を感じるとされているようです。

おそらく、脚のむずむずに悩んで病院に行く方の多くは、皮膚科内科に診察に行くことが多いでしょう。

一般的に見たら「脚のかゆみ」なので、自然なことですよね。

しかし、実は脳や神経などが関係しているため、皮膚科や内科にいっても「具体的な病名や原因が分からない」ことが多いのです。

むずむず脚症候群の治療方法

毎日このような症状が続いている場合は、早めにケアをして解消したいですよね!

そこで、自分でできる治療方法をいくつかご紹介します!

むずむず脚症候群の治療には、薬物療法薬を使わない治療法の2つがあります。

■薬物療法

症状が強い方の場合、薬を使った治療が行われます。

むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の治療薬として承認されている薬は、飲み薬と貼り薬があります。

(1)ドパミンアゴニスト(飲み薬/貼り薬)

→ 弱くなったドパミン神経の動きを補う

(2)抗けいれん薬(飲み薬)

→ 神経の興奮を抑え、症状を抑える

(大塚製薬 レストレスレッグス症候群「どんな治療をするの?」より引用)

次に、薬を使わない被薬物療法の場合は、生活の改善や工夫が重要なポイントです。

■非薬物療法

(1)カフェインやアルコールなどを控える

まず、コーヒーやお茶などに多く含まれるカフェイン・お酒のアルコールタバコなどの嗜好品は、むずむず脚症候群の症状を悪化させる場合があります。

なぜかというと、カフェインは鉄の吸収を阻害してしまうとされているからです。

鉄分不足が原因でむずむず脚症候群になっている場合、カフェインが多く含まれるコーヒーと飲むと、さらなる鉄分不足を誘発してしまいます。

これらに心当たりがある方は、摂取量を控えるか摂り過ぎに注意しましょう

(2)ストレッチを行う

就寝前にストレッチや脚のマッサージを行い、筋肉をほぐしておくと改善されることもあるようです。

一日の始まりと終わりにストレッチや軽いマッサージを取り入れると、むずむずとした症状が緩和されるとも言われています。

特に就寝時にむずむず感が気になって眠れないという方は、ふくらはぎの筋肉をかんたんに動かす方法もあります!

つま先立ちを繰り返すことでふくらはぎの筋肉が伸縮していることが分かるかと思いますが、適度な疲れを与えることでむずむず感を感じにくくなります。

また、むずむず脚症候群の原因には、鉄分不足のほかに自律神経の乱れもあると言われています。

就寝前にゆっくりとストレッチを行うことで自律神経が整えられるので、脚のむずむずで睡眠不足にお悩みの方は実践してみると良いでしょう。

(3)鉄分の補給

鉄分不足がむずむず脚症候群の原因と考えられている場合には、鉄分を積極的に補給しましょう!

レバーや納豆、ホウレンソウなど鉄分を多く含む食材を取り入れた食事にすることで、鉄分補給に繋がります。

しかし、忙しい生活の中で食事だけで鉄分を摂取するのは難しいという方もいるでしょう。

そのような場合は、これから紹介するサプリで鉄分を補うこともおすすめです。

むずむず脚症候群のケアアイテム

「なるべく薬は使わずに改善したい!」「生活改善でも効果が見られない」といった場合は、実は薬物療法以外にもケア方法があります

病院での診療を受けることが最も良いですが、仕事や子育てをしている方のなかには、病院に行って診療して薬を処方してもらって・・・というのが難しい方もいるでしょう。

そこで、自分でできる簡単ケア商品をご紹介します!

1つ目はサプリメントタイプ、2つ目はマッサージクリームタイプです。

気になる口コミや、最安値で買える方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

■むずむず脚専用サプリ「ムズムズシラズ」

>ムズムズシラズ公式サイトはこちら

むずむず脚症候群の原因ともいわれている「鉄分の欠乏」を改善するためには、日頃の食生活から積極的に摂取していかねばなりません。

しかし、不規則な生活を送っていたり仕事などで忙しかったりすると難しいと感じる方もいるでしょう。

毎日の生活にたった5粒をプラスするだけ、体の中から改善を行いたい方におすすめなのが、ムズムズシラズというむずむず脚専用サプリです。

(1)鉄分・チロシン・葉酸を同時に摂取できる

不足しがちな鉄分をはじめ、チロシン葉酸を手軽に同時に摂取することができます。

鉄分や葉酸が不足するとドーパミンの分泌量が減少し、伝達機能が低下することによりむずむず感が引き起こされてしまいます。

ですので、不足する栄養をサプリメントで補給することにより、むずむず脚症候群を改善することができます。

特に嬉しいポイントは、これら3つの栄養を同時に摂取できるという点ですね!

普通、鉄分・チロシン・葉酸をサプリメントで補給するとなると、各々のサプリメントを購入し、別々に飲まなくてはなりません。

3種類のサプリメントを買う手間はもちろん、一度に飲む量もおのずと増えてしまうので、毎日忘れずに続けるとなると大変ですよね。

しかし、ムズムズシラズだとこれ1つで済むので、手軽に摂取できるというのはもちろん、毎日の続けやすさにも繋がります!

必要な栄養を必要なだけ摂り入れられるというのは、サプリメントを飲む上では安心ですね。

(2)品質にこだわったものを配合

鉄分は動物性鉄分「ヘム鉄」を、葉酸はモノグルタミン酸葉酸を配合しています。

なにやら難しく聞こえますが、どちらも吸収率が高いというメリットがあります!

ちなみに、ヘム鉄が含まれているのはレバーや牡蠣などの動物性食品です。

ヘム鉄は、ほうれんそうや納豆などに含まれる非ヘム鉄に比べて、吸収率が高いという特徴を持っています。

たしかに、ヘム鉄を日頃の食生活から毎日摂りつづけるのはむずかしいですね…。

サプリメント類はピンからキリまで色々とありますが、毎日飲むものだからこそ高品質なものを選びたいですよね。

ムズムズシラズはただ単に栄養を摂取するだけでなく、品質にもこだわり抜いているサプリメントです。

(3)始めやすい価格

サプリメントと聞くと始めるのにハードルが高いイメージですが、実はそうでもありません。

公式サイトで購入すると、定期初回特別価格30%OFF3,850円となっており、今すぐむずむず脚を解消したい方でも試しやすい価格ですね。

ちなみに、Amazonでは5,400円、楽天市場では6,588円ですので、最安値で購入したい方公式サイトからがおすすめです。

1つ150粒入りで、約1ヶ月分となっています。15日間の返金保証もついているので、万が一合わなかった場合でも返品が可能です。

また、薬ではなくサプリなので、サプリを摂る時間に決まりはありません!

「朝起きたら」「就寝前に」など自分の飲みやすい時間に1日5粒飲むだけでOKなので、忘れずに続けることができます。

(4)気になる口コミは?

(ムズムズシラズ公式HPより一部抜粋)

実際にムズムズシラズを試した人の口コミを見てみると、「飲み続けることで効果を実感できる!」という声が多く見られます。

ムズムズシラズは薬ではないので、飲んですぐに解消される即効性はないようです。

だからこそ飲み続けることで、鉄分や葉酸を補い、体の中からしっかりと改善することができるのです。

「毎日飲み続けることで、徐女に改善されていった!」との口コミも多いので、毎日の習慣として続けることが一番の近道です。

少しでも早くむずむず脚症候群を解消したいとお考えの方は、早めに飲み始めることをおすすめします。

ちなみに定期コースでは2回目以降も3,657円となるので、続ければ続けるほどお得になります。

▼ムズムズシラズ詳しくは

■むずむず脚専用クリーム「HQLスムージングマッサージクリーム」

>HQLスムージングマッサージクリーム公式サイトはこちら

就寝前の習慣として、リラックスしながら改善を行いたい方におすすめなのが、「HQLスムージングマッサージクリーム」です。

「えっ?クリームでむずむず脚が解消するの?!」と驚く方もいるかもしれません。

HQLスムージングマッサージクリーム」はむずむず脚症候群専用のクリームですので、お肌のスキンケアやマッサージと一緒に、かんたんにケアを行うことができます♪

サプリメントに比べると、比較的早く効果が表われるので、就寝時にむずむず感で困っている方におすすめです。

(1)天然メントールで爽快!

この専用クリームは、「むずむず感が起こる前にブロックする」ということが大きな特徴です!

むずむず感を引き起こしてしまう軽微な刺激を感じる前に、独自のマッサージクリームで爽快感のある刺激を与えることで、むずむず感を抑えることができます。

このスースーとした爽快感の秘密は、天然メントールです。

つまり、むずむずを感じる前に天然メントール配合の専用クリームでマッサージすることにより、衣類やシーツのこすれなどで起こる軽微な刺激を感じなくなる=むずむずを感じにくくなるということですね!

爽快な刺激を与えることで、むずむずが起こるのを事前に防ぐことができるのです。

(2)アロマオイルでリラックス

天然メントールだけでなく、ラベンダーの香りでリラックス効果も!

安眠、ストレス解消、気持ちを和らげるなどの効果があると言われていますので、まさにおやすみ前のマッサージタイムにぴったりです。

(3)オリジナルナノ化成分を配合

鉄分や葉酸など、むずむず感の改善に必要と言われている7成分を10億分の1にしたオリジナルナノ化成分を配合が配合されています。

つまり、マッサージクリームを塗ることで不足しているアミノ酸の供給量を増やし、ドーパミンを生成する効果が期待できるのです。

他にも、葉酸やビタミンCなどが配合されています。

爽快感を与えてむずむず感を防いでくれるだけでなく、必要な栄養までも吸収できるとはまさに一石二鳥の嬉しいクリームです。

(4)返品保証付きで安心

初めて使う場合は「自分の肌に合うかな…」と心配な方もいますよね。

お届け日から10日以内であれば返品可能返品保証付きなので、試しに使ってみたい方でも気軽に購入できるのは嬉しいですね!

ちなみに、今なら定期初回価格が20%OFF4,800円とお得にゲットできちゃいます。

他に調べてみたところ、Amazonでは5,500円、楽天市場では7,020円となっていましたので、最安値で購入したい方公式サイトからがおすすめです。

(5)気になる口コミは?

こちらも気になる口コミを見てみると、「クリームの伸びが良くて塗りやすい」「塗った後すぐにかゆみが治まった」という声もあり、使いやすさはピカイチのようですね。

おやすみ前のリラックスタイムとして、HQLマッサージを使ったマッサージを行うのがおすすめです♪

手のひらに適量を乗せやさしくマッサージするだけでOKなので、サプリを飲むことに抵抗がある方でも始めやすいケアの一つです。

毎日継続して行うことで栄養素がきちんと行きわたり、効果を実感することができます!

▼HQLマッサージクリーム詳しくは

間違われやすい他の病気

「夜寝付けない」「脚の不快感や痛み」「皮膚の不快な感覚」などの症状からは、むずむず脚症候群ではなく他の病気の可能性もあります。

たとえば、

・不眠症

・坐骨神経痛

・皮膚疾患

・うつ病

などです。

むずむず脚症候群と思い込んで放置していたら、実は違う病気だったということもあり得ます。

症状が強い場合、日々の生活に支障をきたすレベルの場合は、早めに病院で診断を受けた方が良いでしょう。

■何科を受診すべき?

「脚のかゆみ・むずむず」といった症状が現れると、内科や皮膚科を受診しようと考える人も多いでしょう。

しかし、実際には脳や神経などが関係しているため、「具体的な病名や原因が分からない」ことが多いのです。

これまで、「病院に行ったものの具体的な病名が分からなかった」という方は、もしかすると内科や皮膚科へ行っていませんでしたか?

むずむず脚症候群は睡眠と深く関係していることから、主に睡眠障害を扱う精神科・神経内科で治療されています。

なので、もし病院に行く場合はこれらの科を受診することをおすすめします。

医師にしっかりと症状を伝え、最適な治療を受けてくださいね!

最後に

むずむず脚症候群を解消できるケアアイテムを2つご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

特に、むずむず脚症候群のせいで睡眠不足となっている方は、少しでも解消すればすっきりとした朝を迎えられるようになるでしょう。

睡眠不足は身体全体の不調に繋がる恐れがありますので、早め早めのケアが大切です。

毎日の食事にプラスして体の中から改善を行いたい方 → ムズムズシラズ

就寝前の習慣としてリラックスしながら改善を行いたい方 →  HQLスムージングマッサージクリーム

毎日むずむず感に悩まされている方は、症状が長引く前にぜひ試してみてください。

厄介なむずむず感がなくなれば、日々の生活も今よりずっと過ごしやすいものになります!

まずは自分ができる範囲で解消したい!」という方には特におすすめです。薬物療法に頼らなくとも、自分の力で改善することができたら嬉しいですよね。

ぜひ今後の解決策の参考にしてください。

 

 

※口コミはすべて個人の感想であり、効果を実証するものではありません。

lifestyle

ranking