去年の日焼け止め、今年使っても大丈夫?日焼け止めの使用期限と、活用法6選!

去年の日焼け止め、今年使っても大丈夫?

結論から言うとNGです。

日焼け止めを含む化粧品は、基本的に使用期限が記されていません。しかし、化粧品は開封したら、できるだけ早く使い切ることが推奨されています。空気に触れ、酸化しやすくなっているからです。

色や匂いが変化してしまいますし、成分が分離してしまう可能性があります。お肌のトラブルに繋がる可能性もあるため、去年の日焼け止めは使わないようにしましょう。

日焼け止めの使用期限は?

日焼け止めの使用期限は?

未開封の日焼け止めの使用期限は3年程度開封済みの日焼け止めの使用期限は1年程度です。日焼け止めや化粧品は未開封の場合、3年間の品質保証が定められています。

しかし、開封後は1年ほどが使用期間の目安です。そのため、去年の日焼け止めの残りを使うことはお勧めできません。日焼け止めの使用期限の理想は、そのシーズンで使い切ることです。

未開封の場合は、高温多湿や直射日光を避けた場所で保管されていれば、3年間問題なく使えます。未開封のまま保管する場合は、保管場所に気を付けましょう。

ちなみに、スプレータイプの日焼け止めは、開封後も3年間使用可能です。無添加のオーガニックタイプの日焼け止めは、使用期限が半年です。オーガニックタイプの日焼け止めの使用期限は短いため、気を付けましょう。

去年の日焼け止め、使うとどうなる?

去年の日焼け止め、今年使っても大丈夫?

 

古くなった日焼け止めは、皮膚に炎症を起こして、逆に日焼けしやすくなる可能性があります。成分が劣化したり、菌が繁殖したり、材料に化学変化が起きたりすることで、皮膚を刺激して肌荒れを起こしてしまう場合もあります。

古い日焼け止めは日焼け防止にならず、むしろお肌トラブルの原因になります。

いつ開封した日焼け止めかわからないけど使える?

いつ開封したかわからない日焼け止めは、ニオイ見た目をチェックしてみましょう。

使用期限が切れた日焼け止めは、分離をしています。色が変化している場合と、ニオイが何となくおかしい場合も使うことを避けましょう。

捨てるのはもったいない!去年の日焼け止めの活用法6選!

捨てるのはもったいない!去年の日焼け止めの活用法6選!

使い切ることができなかった日焼け止め、古くなった日焼け止め、捨てるのはもったいないですよね。日焼け止めには従来の使い方以外に、役立つ活用方法があります。

ここでは、6つの方法をご紹介します。去年の日焼け止めをぜひ活用しましょう!

1.シルバーアクセサリーがピカピカになる!

黒くくすんだシルバーアクセサリー。日焼け止めでピカピカにできます

ティッシュやコットンに日焼け止めを付けて、ツヤを出したいアクセサリーを優しく磨きます。

乾拭きをします。

ぬめりが気になる場合は、水洗いをしてしっかり拭きます。

日焼け止めに含まれる油分がシルバーアクセサリーのくすみを除去してくれます。凹凸のあるアクセサリーは、日焼け止めが拭き取り切れない場合があるため、注意してください。

2.肌の油性マジックを落とす!

手についた油性マジック。日焼け止めを使えば簡単にキレイに落とせます

油性ペンがついたところに日焼け止めを塗ります。

指でなでながらなじませます。

ティッシュで拭き取ります。

日焼け止めの油分が、油性ペンの油分を溶かして浮かす役割をしてくれます。一度で落ちない場合は、何度か繰り返してみましょう。

3.シールをきれいにはがす!

机や壁、小物やキャリーケースに貼ったシール。長時間貼り、シールを剥がす時、シールのベタベタが残ってしまいがちです。しかし、日焼け止めでベタベタを残すことなくキレイに剥がせます

剥がしたいシールの上に日焼け止めをたっぷり塗ります。

ティッシュを被せて放置します。

30分ほどおいてから日焼け止めを拭き取り、シールを剥がします。

ベタベタが残ってしまった場合は、もう一度繰り返しましょう。日焼け止めの油分が、粘着物質を剥がしやすく滑らせる役割をしてくれます。

4.ハサミのベタベタを落として切れ味がよくなる!

日焼け止めは切れなくなったハサミの切れ味を復活させます

ハサミの刃の両面に日焼け止めクリームを塗り、指でなじませます。

そのままの状態で、ハサミを何度か開閉します。

ティッシュで拭き取ります。

日焼け止めに含まれる油分により、ハサミの刃の汚れが落ち、切れ味が戻ります。刃を触る際にはケガに気を付けてください。

5.吸盤の吸引力がよくなる!

吸盤がすぐに落ちるようになってしまった時。日焼け止めの出番です。

吸盤の部分に日焼け止めを塗る。

ティッシュで拭き取る。

吸盤の汚れをとるイメージで拭いてください。吸引力が復活します

6.サビが取れる!

ひどいサビには残念ながら効きません。軽いサビには効果的です。

ティッシュに日焼け止めを付け、サビが気になる部分を磨きます。

乾拭きをします。

ぬめりが気になる場合は、水洗いをしてしっかり拭きます。

水分はしっかりと拭き取ってください。日焼け止めがたくさん余っているときは、サビ掃除がおすすめです。

日焼け止めの使用期限はぜひ注意してください。開封した日をボトルに書いておくと、いつまでに使うべきかがわかりやすいです。

使わなくなった日焼け止めは捨てずに、ぜひ活用しましょう。

lifestyle

ranking