すぐにできる【花粉症対策】!花粉による肌荒れ予防も

気温はまだ低いですが、だんだんと春の兆しが見えてきましたね。

東京でも、花粉の飛散が開始したと発表されました!

花粉”と聞くと、春の訪れとともに、どんよりとした重い気持ちになってしまう人も多いですよね。

目のかゆみや鼻水、肌荒れなど、花粉症による症状は様々です。

症状を抑えるには、まずは花粉の侵入を防ぐこと!ぜひ実践してみてください。

今年の花粉は?

まず今年の花粉飛散のピークはいつ頃になるのでしょうか。

ウェザーニュースによると、関東では2月後半からスギ花粉が大量に飛び始め、3上旬から中旬が一番のピークとなるようです。

3月の終わり頃にはスギ花粉のピークは終わり、ついでヒノキの花粉飛散量が増える見込みです。

関東では、3月下旬から4月上旬がヒノキ花粉の飛散ピークとなるようです。

 

2018年のスギ・ヒノキ花粉シーズンの花粉飛散量は、平年と比べて65%となる見込みです。

数字だけ見れば少ないような感じもしますが、準備は万全にしておきたいですよね!

 

花粉症の症状を抑える一番の要は、やはり花粉が体内に侵入するのを防ぐこと

目のかゆみ

メガネで目への侵入をブロック

コンタクトレンズよりも度入りメガネ

目薬を使う

定番ではありますが、目のかゆみを防ぐにはメガネゴーグルなどを使い、目への花粉侵入をブロックしましょう。

コンタクトレンズは花粉が付着したり、炎症を悪化させたりなどの悪影響をもたらす場合もあります。可能であればコンタクトレンズは避け、度入りのメガネを着用するのが良いでしょう。

また、目薬を使うときは、花粉症のアレルギー症状を抑える成分が入った目薬を選ぶことが大切です。

目のかゆみを感じても、ハウスダウトやコンタクトレンズが原因の場合もあります。症状や目的に合った目薬を探しましょう!

鼻水、鼻づまり

マスクをする

顔や鼻を洗う

鼻水や鼻づまりを防ぐためには、鼻への花粉侵入を防ぐため、使い捨てマスクの着用が有効です。

マスクの外側に花粉が付着するので、そのまま捨てることができる使い捨てがおすすめです。一日使ったら、翌日は新しいマスクを使ってくださいね!

また、「鼻洗浄」と聞くと、粘膜にしみて痛いイメージがありますよね。それは体の塩分濃度(約0.9%)に関係しているんです。

体の塩分濃度に近い「生理食塩液(約2%程度)」を使った鼻洗浄液でなら通常よりもしみにくく、刺激が少なくなります。

薬局で鼻洗浄液を選ぶ際は、一つのポイントにしてみてください♪

肌荒れ

花粉症の症状は目や鼻だけに留まらず、肌荒れを引き起こす場合もあります。

対策としてするマスク着用も、じつは肌荒れの要因の一つとも考えられます。

肌とマスクの間で摩擦が起こり、それが刺激となり肌を傷めてしまうことになるのです。

むやみに肌を触らない

お手入れはシンプルケアを心がける

さらなる刺激を与えないようにするため、肌荒れが気になるからといってむやみに肌を触ることはNG!

肌が炎症を起こしてしまっているので、日頃行っているお手入れも、手順を少なくするなどのシンプルケアを心がけましょう。

とはいっても、乾燥は避け、保湿は欠かせません!そのような場合に役立つのが、オールインワンジェルです。

洗顔後に行っているいつものお手入れは複数の手順があり、肌に触れる回数も自ずと多いです。

肌への刺激を少なくするためにも、【化粧水→美容液→乳液→保湿クリーム】を一回で済ませることのできるオールインワンジェルを活用してみてください♪

ドラッグストアなどでは2,000円以下というプチプラ価格でも、色々な種類の中から選ぶことができます。

初めてオールインワンジェルを使うという方は、【2,000円以下&ドラッグストアで買えるオールインワンジェル】で効果別のおすすめオールインワンジェルを6つご紹介していますので、参考にしてみてくださいね!

衣類への花粉付着を防ぐ

花粉の侵入は、体に直接触れるものだけでなく、衣類への付着も大きな侵入口です。

外出先で花粉が付着し、そのまま家に帰宅すると、家の中まで花粉を持ち帰ってしまうことになります!そんな事態を防ぐためにも、衣類にもポイントがあります。

ウール素材を避ける

静電気防止スプレーを使う

部屋干しをする

ウールなどの毛が入った素材の服、静電気を帯びやすい服は、花粉が非常に付きやすい衣服です!

花粉症の時期は着るのを控え、ツルッとした素材の服を選ぶのが良いでしょう。また、いつも着ている服に静電気防止スプレーや、花粉症・ハウスダストなどの付着を防いでくれるスプレーを使うのも方法です。

そして、花粉が飛散している外に洗濯物を干すと、当然のごとく花粉が付着します。それを未然に防ぐには、やはり部屋干しが一番!


部屋干しと聞くと、においが気になる方もいるかもしれません。花粉の時期だけ、洗剤柔軟剤を良い香りがするものに変えてみるのもおすすめです♪

自分に合った対策を

花粉症対策は外的に行うものから、食べ物でアレルギー症状を抑えるものまで様々な対策法があります。

なかには自分には合わないと感じる方法もあるかもしれません。

ぜひ自分に合った対策法を見つけ、つらい花粉症の時期も乗り切りましょう!

 

参考サイト

Yahoo!ニュース「東京でも花粉飛散開始 花粉症の方は対策を万全に」(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00002680-weather-soci)

AllAbout「自分でできる花粉症対策法…目のかゆみ・鼻水など」(https://allabout.co.jp/gm/gc/302427/)

AllAbout「鼻洗浄で鼻スッキリ!風邪対策」(https://allabout.co.jp/gm/gc/300910/)

healthcare

ranking