日焼けしちゃった!!【日焼け後のスキンケア対策は??】

【最終更新日:2018年8月16日】

日焼けをしたくない人にとって、強い日差しは天敵!!

「日焼け止めをきちんと塗っていたつもりなのに焼けちゃった!」

どんなに日焼け対策に気をつかっていても、強い日差しのもと長時間外で過ごす場合、完全に紫外線をブロックするのは至難の業ですよね。

そして紫外線が強くなってくるこれからの時期に多いのが『うっかり日焼け』です。

急なお出かけや短時間の外出だからと日焼け対策を怠ってしまい、

赤くなった肌を見て後悔した~!なんて経験もあるのではないでしょうか??

 

気が付いたときには時すでに遅し・・・

・・・ではありません!!

日焼けをしてしまったら早めの対策が肝心です!!

日焼け後の正しいスキンケアで肌ダメージを最小限に抑えましょう♪

【日焼けするってどういうこと!?】

・そもそも日焼けとは?

日焼けとは紫外線を浴びて、肌が赤くなるサンバーンと 色素沈着がおこるサンタンのことです。

紫外線を浴びて、 肌が赤くなるサンバーンは、数時間後に現れ、数日でピークが来る。

肌の色が濃くなるサンタンは、数日後に現れます。 サンタンは色素細胞がメラニン色素を生成し色素沈着を起こした状態です。

「All Aboutうっかり日焼け後のおすすめケア方法(https://allabout.co.jp/gm/gc/56490/)より引用」

簡単に言うと日焼けは『肌のやけど』です。

強い日差しを浴びたことで皮膚が赤く炎症をおこしてヒリヒリと痛み、やけどのような症状が現れます。

これが「サンバーン」です。

ひどい時には水ぶくれになることも。

(重症の場合はすぐに医療機関等で診てもらってください)

そして、サンバーンが落ち着きはじめた頃に、肌の細胞を守るためにメラニンと呼ばれる色素が生成されて、真皮で色素沈着がおこります。

これが「サンタン」で、皮膚が褐色になる要因となっています。

「サンタン」は肌を守るための身体の反応なので決して悪いこととは言い切れないのですが、後々シワやたるみの原因にもなってしまうんです。

さらに、これらの日焼け現象は、ある程度決まった時間を経て起こることが知られています。

日焼けをした約半日~1日後に最も炎症が起こりやすく、2~3日後にメラニン色素が生成され始めていると言われています

つまり、紫外線を浴びてからの『3日間』が肝心です!!

この3日間にきちんとケアできれば、肌ダメージをグッと抑えることができるハズ♪

①冷やす

先ほどもお伝えしましたが、日焼けによって肌が赤く炎症を起こしているのは「やけど」と同じ状態なので、まずは冷水などで冷やしてください。

ヒリヒリしている時は痛みがなくなるまで、水で濡らしたタオルを当てたり、冷水のシャワーをかけるようにしてください。

顔には冷蔵庫で冷やしておいたシートマスクを使うのもオススメです!

ひんやりして気持ちが良く、日焼けによるほてりも抑えられます。

その場合、なるべく刺激の少ないシートマスクを使用してくださいね。

skin123さん(@xxskinxx123)がシェアした投稿

②保湿

日焼けした肌は水分が失われていて、乾燥した状態になっています。

肌を冷やしてヒリヒリ感やほてりがおさまったら、たっぷり・しっかりと保湿をしてください。

注意点は、この時に美白効果のある化粧水は避けること!

美白化粧品にはビタミンC誘導体などの成分が含まれていることが多く、日焼け後の肌には刺激が強いんです。

冷やす時と同様に保湿の際も、低刺激の敏感肌用の化粧水などを使用してくださいね!

化粧水を使ったあとは、乳液やクリームを手のひらで丁寧にパッティングしてください。

摩擦による刺激を肌に与えないよう優しくケアしてくださいね。

③身体の内側から

日焼け後は肌が乾燥しているだけではなく、体内の水分も奪われている状態です。

常温の水やスポーツドリンクなどでしっかり水分補給をしてください。

体内からの水分補給からも肌の保水量はアップすると言われているのでたくさん飲んでくださいね!

@nanakorin_mamaがシェアした投稿

また、食事からもスキンケアしてあげましょう♪

紫外線による影響を受けた肌には、ビタミンCやミネラルを積極的に摂るようにしてください。

「ビタミンC」はシミやしわの原因となるメラニン色素の生成を抑えてくれたり、日焼け後の炎症も抑えてくれる働きがあります。

果物ではアセロラ・キウイ・レモン。

野菜ではブロッコリー・パプリカ・ゴーヤなどに多く含まれています。

「ミネラル」、主に亜鉛には細胞の分裂や再生を助け、シミやソバカスを防いでくれる効果が期待できます。

肉類や魚介類、大豆製品に多く含まれていて、特に牡蠣や豚レバー、高野豆腐などが挙げられます。

ショウヘイさん(@samoooon0707)がシェアした投稿

④落ち着いたら美白ケア

サンバーンが落ち着いてきたら、紫外線を受けた肌がメラニン色素を生成する前に美白ケアを開始しましょう♪

メラニン色素を抑制してくれる有効な成分として

・ビタミンC誘導体

・プラセンタエキス

などがあります。

保湿+美白ケアでシミやシワの原因を抑えましょう!

⑤十分な睡眠

日焼け後のダメージケアをしている時は特に十分な睡眠をとるように心がけてください。夜寝ている間に肌の新陳代謝、つまりターンオーバーが行なわれます。

メラニン色素はターンオーバーによって排出されると言われているので、良質な睡眠をとることで肌ダメージの修復が期待できます!

 

【日焼け後のケア次第で数年後の肌が変わってくる!】

日焼け後のヒリヒリやほてり、炎症は数日で治りますが、紫外線によるシミやシワなどの影響は時間を経て現れることがほとんどです。

後で後悔しないためにも、日焼けをしたらすぐにスキンケア対策を!!

まもなく秋の気配も近づいてきますが、まだまだ油断はできません。

日頃から焼かないための対策もお忘れなく!

≪参考サイト≫

[All About]

日焼け後の肌を老化させない7つのポイント(https://allabout.co.jp/gm/gc/464877/)

うっかり日焼け後のおすすめケア方法(https://allabout.co.jp/gm/gc/56490/)

healthcare

ranking