【5色の食材】でバランスのとれた食事を!!風邪予防や美肌にも効果あり!?

「無添加食品」「マクロビ」「無農薬」「ロカボ(ローカーボ)」etc・・・

近年、健康志向に目覚める方も多くなり、上記のような食事に関する言葉を多く目にするようになりました。

健康や美肌のためにも、毎日の食事に気を遣っていきたいところですね!

今回は体調に合わせて取り入れられて、なおかつ気軽に取り組める食事法をご紹介します!!

【5色の食材って何??】

『5色の食材』って皆さんご存知ですか!?

5色の食材とはで分類される食材のことを指します。

食材の色は、料理の彩りとしての役目だけではないんです!!

それぞれに特徴のある栄養素が含まれているので、5色の食材をバランス良く食べることで、栄養もバランス良く摂取できるんです♪

この5色の特徴をうまく体調に合わせて食べられるように心がけることで、バランスのとれた食事と彩り鮮やかな食卓にできそうですね!

【主な5色の食材と期待できる効果】

細かく見ていくと同じ色の食材でも、栄養素や効果は異なりますが、ここでは主に期待されている効果をご紹介します。

●赤・・・トマト、パプリカ、とうがらし、鮭紫外線から肌を守る抗酸化作用が高い食材が多くあります。

●黄・・・カボチャ、レモン、ショウガ身体を温めたり、皮膚の粘膜を保護したり、アンチエイジングに効果のある食材が多くあります。

●緑・・・ほうれん草、ブロッコリー、ニラ女性にとって嬉しい葉酸や鉄分が多く含まれた食材が多く、疲労回復にも効果があるようです。

●白・・・大根、ナス、豆腐、ニンニク、白米胃腸機能の改善に効果のある食材や、ニンニクなどには免疫力をUPさせる効果がみられるようです。白米やパン、小麦粉などには糖質が多く含まれているので、ダイエット中の方は摂取量に注意!

●黒・・・昆布、海苔、ひじき、黒ごま、キノコ低カロリーで、食物繊維が豊富。便秘にも効果のある食材が多くあります。

*色の判別に困った際には、一番面積の広い色を基準に考えると良いそうです!(例:ナスやバナナは白に分類)

基本的な効能などをちょっと知っておくと、体調に合わせて食材を取り入れることができますね♪

k.hsjmさん(@kayo_daily)がシェアした投稿

 

【風邪予防にオススメの色は!?】

風邪予防にはビタミン類を多く摂取すると良いとされており、特に取り入れておきたいのはビタミンC・ビタミンA・ビタミンB1とのこと!

ビタミンCは黄色のレモン緑のブロッコリー

ビタミンAは黄色のカボチャ緑の小松菜

ビタミンB1は黄色の大豆赤の豚肉

これらの食材がオススメです。

また、風邪予防には身体を温めることもとても重要です!!

身体を温める食材は黄色のショウガやカボチャが有名ですので、積極的に取り入れたい食材ですね!

【美肌に良いとされる色は!?】

肌にダメージを与える紫外線。普段は日焼け止めなどで対策をしている方も多いと思いますが、

日焼け止め+お肌に良い食材でシミやシワをダブルブロックしちゃいましょう!!

紫外線対策には抗酸化作用のある食材が良いとされており、

リコピンが多く含まれている赤のトマト

アスタキサンチンが多く含まれている赤の鮭(サーモン)

カプサイシンが多く含まれている赤のとうがらし

これら赤の食材の栄養素には抗酸化作用のあるものが多いんですね!

また、肌の調子を整える成分が多く含まれている緑のニラ

これらの食材がオススメです。

ほかにも、血行を良くするために身体を温める食材や、鉄分を多く含む緑のほうれん草なども取り入れていきたいですね!!


いかがでしたか??

やはり緑黄色野菜と呼ばれているものには身体に良い栄養がいっぱいあるんですね♪

この時期なら、黒の昆布やしいたけ白の大根や豆腐も入った、野菜たっぷりのあったか~いお鍋にして食べたいですね!!

心も体もポカポカになって、お肌にも良いなんて嬉しいことだらけ!

食事の際には、この5色の食材がバランス良く集まるようにぜひ気にかけてみてくださいね!

 

参考サイト

NAVER:栄養バランスは、5色の食材で考える まとめ(https://matome.naver.jp/odai/2141318505737136101)

All About:風邪を予防する献立レシピ(https://allabout.co.jp/gm/gc/402926/)

All About:注目の美白作用に優れた食べ物(https://allabout.co.jp/gm/gc/298531/)

All About:ひと目で食事バランスがわかる!カラーダイエット(https://allabout.co.jp/gm/gc/457659/)他

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。

healthcare

ranking