初心者でも楽しめる!【歩くスキー】の種類と楽しみ方

オリンピックも中盤に差し掛かり、スピードスケートやハーフパイプなどでも続々とメダルを獲得しています!

テレビでのオリンピック観戦を機に、ウィンタースポーツをやってみたいと思った方も多いのではないでしょうか?

ウィンタースポーツといえば、スキーやスノボーが定番ですが、実はこの2つだけではありません!

日本人選手もメダルを獲得した「ノルディック複合」に含まれる「クロスカントリー」は、リフトに乗って上から滑る普通のスキーとは異なり、いわゆる“歩くスキー”のような競技です。

この“歩くスキー”、スキー未経験者でも気軽に参加できるスポーツで、日本でも出来る場所があるのです!

そこで今回は、定番ウィンタースポーツとは一味違った【歩くスキー】をご紹介します。

スノーシュー

@csmt2015がシェアした投稿


スノーシュー”と言われる「西洋版かんじき」を使用して、雪の上を自由に歩き回ることができる雪上トレッキングです。

自分の足よりも二回りほど大きいですね。

新雪の上を普通のブーツや靴で歩くと沈んでしまい、自由に歩くことは不可能に近いです。

ですがこのスノーシューを履くことで、雪で覆われた林の中を散策したり、斜面を滑ったりすることができるんです♪

降り積もったばかりのふわふわの新雪の上を歩くことは、とっても貴重な体験!

一面の銀世界に囲まれながら、ランチやティータイムを満喫することもできます。

@87c_gramがシェアした投稿


木々や雪をかきわけながら、冬ならではの景色を楽しめるとあって人気のアウトドアスポーツ!

家族や友達と、わいわいお話をしながら歩くことができるのも楽しそうですね。

子どもから大人まで、初めての方でも存分に楽しむことが出来るので冬のアウトドアにぴったりです♪

ネイチャースキー

ネイチャースキーは、細いスキー板を装着し、滑るだけでなく雪の上を歩いたり、または坂道を登ったりすることができる雪上トレッキングです。まさに、クロスカントリーの要素を感じさせますね!

ネイチャースキーの特徴は、通常のスキー板よりも細めで、かかとが上がる自由度の高さにあります。

この板を使うことで、普通ではできない歩く登るといった体験ができるんですね。

比較的平面でなだらかな道や森の中をゆっくりと歩いていく雰囲気は、まさに非日常の空間。

急斜面はほとんどないため、「スキーをしたことがない」という未経験の方でも気軽に参加することができます。

普段は入れない森の中を散策することができるので、いろいろな動物たちに会えるかも!?という偶然も期待したいですね♪

必要な持ち物

ウェア上下

防寒着

スノーブーツ

帽子・グローブ・サングラス

基本的にスキーやスノボーで着用しているものを持って行けばOK!

スノーシューやネイチャースキー用のスキー板などは、ほとんどの所でレンタルをしているので安心です。もちろん、ウェアから全て一式レンタルを行っている所も多いので、持ち物が揃っていなくても簡単に参加できます。

山の上は天候・気温の変化も大きいため、薄いダウンやフリースなど、ササッと羽織れる防寒着があると安心でしょう。

スノーシューもネイチャースキーも、体験ツアーを開催している所がたくさんあります。

初めての方はガイド付きの「半日体験ツアー」などに参加するのがおすすめです。

群馬県みなかみや、長野県山梨県にまたがる八ヶ岳北海道富良野など、全国津々浦々で体験することができます!

また、雪の上を歩くのでゲレンデに行くのと同じと考えて良いでしょう。

日焼け防止のサングラス日焼け止めは言わずもがな必需品!雪山での紫外線量は非常に多いので、対策が必要です。

注意点

スノーシュー、ネイチャースキーともに、雪深い場所で行うスポーツということを忘れてはなりません!

地形によっては、スマートフォンが繋がらない場合もあり、遭難やケガなどを防ぐためにも規定コースを守って楽しむことが求められます。

「雪上」というのは慣れないことがほとんどですので、初めて行う方はやはりガイド付きツアーでの参加や、経験者の方と一緒に行動するのがおすすめです!

また、基本にはなりますが体調管理や防寒も万全に。

一味違う冬のアウトドア

冬にしか体験できないアウトドアは、とっても魅力的ですよね。

スキーやスノボーに飽きたら、“歩くスキー”に挑戦してみるのもアリです。

しっかりと事前準備をし、安全第一で雪の世界を満喫してください♪

entame

ranking