【2018年 夏ディズニー持ち物】熱中症&日焼け対策をして楽しもう♪

【最終更新日:2018年8月2日】

2018年、東京ディズニーリゾートが35周年を迎えて盛り上がっていますね♪

そんな記念イヤーにディズニーランド、またはディズニーシーへ遊びに行こうと計画している方も多いのではないでしょうか??

ディズニーで楽しむためには、季節に応じた対策グッズを準備することがポイントです。

これから夏の間に行く予定の方、「熱中症対策」と「日焼け対策」は必須です!

 

対策を怠ると、晴れている日は基本的にめちゃくちゃ焼けます!!

そして、熱中症で具合が悪くなってしまったらせっかくの楽しい思い出も台無しですよね。

今回は夏ディズニーを心おきなく楽しむための日焼け・熱中症対策をいくつかご紹介していきたいと思います。

【あなどるなかれ!夏ディズニーの日焼け】

せっかく夏ディズニーに来たからには思いっきり遊びたいですよね!

天気が良いと気温もグングン上がってきます。

暑くなると軽装になり、肌の露出が多くなりがちですよね。

1日のほとんどの時間を外で過ごすことになるディズニーでは日差しや地面からの照り返しであっという間に日焼けしてしまう危険があるんです。

パレードやショーを観たり、アトラクション待ちをしている時、もちろん広いパーク内を移動しているだけでもジリジリと日焼けしていきます。

長時間屋外にいて日焼けを見過ごしていると、ひどいときには軽いやけど状態になってしまうことも・・・

あとで日焼けした姿を見て後悔しないためにも、紫外線対策をバッチリにして思いっきり夏のディズニーを楽しんじゃいましょう!!

ロンドン@D垢さん(@rondon_yensid)がシェアした投稿

【どんな日焼け対策がいいの??】

・日焼け止め

まずは日焼け対策の基本「日焼け止め」です。

水や汗にも強いウォータープルーフタイプで、SPF、PAともに数値の高い日焼け止めの使用がオススメ♪

2~3時間おきに塗り直すことも忘れずに!!

日焼けを防ぐには塗り直しが大切です。

以前ご紹介した「日焼け止めの塗り直し」に関する記事もぜひ参考にしてくださいね。

【日焼け止めの塗り直しって面倒?!】日焼け止めの時間知識と便利な日焼け止めを...
【最終更新日:2018年8月3日】日焼け止めの「塗り直し」していますか??「塗り直しが重要」と分かっていても、塗り直しを行うのは面倒ですよね。少しでも塗り直しをラクにするには、どんな日焼け止めを使うか?がポイントになってきます!日焼け止めは水や汗に強い...

また、髪や頭皮も意外と焼けてしまうので、スプレータイプを使ってカバーすると良いです。

靴下焼けや時計焼けなどの「うっかり焼け」首のうしろや耳、足の甲(サンダル焼け)などの「塗り忘れ」にも注意です!

・着脱しやすいUVカットの上着

日焼け止めの塗り直しができなかった時や建物内が肌寒い時、夜にひんやりしてきた時のために着脱しやすい上着が1枚あると便利です。

・折りたたみの日傘

パレードやショー待ちの時、ほとんど日陰のない場所で過ごすことになるので長時間待つ予定の方は用意しておくといいでしょう。

パレードやショーが始まったら、周りの方に迷惑にならないよう使用は控えましょう。

・帽子

熱中症予防や、パレード、ショーを観る時のために帽子がオススメです。

UVカット効果のある帽子なら、日焼け対策にも尚良いです!

https://twitter.com/momoyatenno/status/1023656226331099137

【オススメの日焼け止め】

・ウォータープルーフタイプ

先述したように、汗や水に強く、SPF、PAの高い日焼け止めがオススメです。

UVカット効果が高くて心強い反面、肌に負担がかかりやすくなっているものが多いです。帰宅後は使用方法に従って日焼け止めをきちんと洗い流し、保湿を中心としたスキンケアを忘れずにしてくださいね!

・スティックタイプ

「スティックのり」のようになっている固形状の日焼け止めを直接肌に塗ることができます。

近年、韓国では主流になりつつあるタイプの日焼け止めで、手を汚すことなく塗れることで人気がでてきています。

日本でも少しずつ見かけるようになりました。

持ち運びやすいコンパクトサイズで、使いやすいので気になる方はぜひお試しを♪

韓国で主流のスティックタイプの日焼け止め【サンスティック】が日本でも人気急上...
【最終更新日:2018年9月7日】毎日欠かせない紫外線対策の日焼け止め。日本ではクリームやジェル、スプレータイプの日焼け止めを使っている方が多いのではないでしょうか??そんな中、お隣の国「韓国」では新しいタイプの日焼け止めが主流になってきているそうです...

・飲む日焼け止め

飲むサプリタイプの日焼け止めです。

身体の中から、紫外線予防の補助的役割をしてくれるので、塗り直し忘れが心配な方や、塗る日焼け止め+αで予防したい方にオススメの日焼け止めです。

【どんな熱中症対策がいいの??】

熱中症予防にはとにかくこまめな水分補給です!

あとは、無理をしすぎず体調に合わせて休憩を挟みながら過ごすと良いでしょう。

・凍らせたペットボトル

ビン、缶以外の飲み物なら持ち込みは可能なので、用意ができる方は凍らせたペットボトルを1~2本準備していくといいです!

ペットボトルホルダーに入れて持ち歩き、ちょうど良い頃合いで飲むとシャリシャリ感がとっても気持ちよくて美味しいですよ♪

飲み終わったらパーク内にもあちこちでペットボトルドリンクが売られているのでそちらで購入しましょう。

若干お高い値段設定ですが、ここはケチらずにどんどん水分補給をしてくださいね!

・冷却スプレー

意外と優秀なのが「冷却スプレー」です。

特に衣類にかけるタイプのスプレーは汗に反応してひんやり感を与えてくれて、すぐに使うことができるのでオススメ!!

Drugstore IPPONDOさん(@ippondo.tokyo)がシェアした投稿

・塩分補給のタブレット

水分補給と一緒に塩分補給も必要です!

塩分も入っていて、気軽に口にできる飴やタブレットをカバンに入れておくと良いですよ♪

高温で溶けてしまうことがあるのでタブレット系がオススメです。

@hikarumama529がシェアした投稿

【その他持っていると便利なアイテム】

・扇子

うちわよりも持ち運びが便利で、カバンにいれていても邪魔にならないコンパクトさが良いです。

・汗ふきシート

暑い日は汗もたくさんかくので、汗ふきシートがあると便利です!

・カラビナフック

BONDさん(@bond.373)がシェアした投稿

個人的にオススメアイテムです。

カバンやベルト通しにあらかじめ付けておきます。

帽子やペットボトルホルダーなどをかけておくと便利ですよ♪

・雨対策のレインコート

夏の時期は夕立や小雨が降ることも多いので持っていると安心!

ウォータープログラムを近くで観たい時にもあると便利です。

https://twitter.com/nyan08211/status/1023534155907313664

【持ち物まとめ】

・パークチケット

・チケット用パスケース

・財布

・ケータイ

・日焼け止め

・飲み物(凍らせたペットボトル)

・塩分補給のタブレット、飴

・タオル(当日パーク内のショップで購入するのも◎)

・帽子

・着脱しやすいUVカットの上着

<以下、あると便利なもの>

・冷却スプレー

・折りたたみの日傘

・扇子

・ウェットティッシュ

・汗ふきシート

・カラビナフック

・雨対策のレインコート

・大きめのビニール袋、ゴミ袋

事前準備と体調管理を万全にして夏ディズニーを楽しんでください♪

さやさん(@tayachi_88)がシェアした投稿

日焼け、暑さ対策グッズはパーク内のショップにも充実しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

entame

ranking