【石鹸で落とせるおすすめ日焼け止め10選|2019】敏感肌の方やお子様も使える!

2019年4月15日更新

肌への負担が少ない石鹸で落とせる日焼け止め10選をご紹介します。新発売情報も追記しています!敏感肌の方はもちろん、肌へのダメージを少しでも減らしたいと思っている方はぜひ参考にしてくださいね。

日焼け止めによる肌のダメージとは?

石鹸で落とせる日焼け止めをご紹介する前に、日焼け止めが肌に与えるダメージはどのようなものなのでしょうか。紫外線には気を付けたいけれど、日焼け止めは肌に負担になるのであまり付けたくないという考えの人もいるかと思います。

特に、敏感肌の方はどの日焼け止めを使うか迷うポイントでもありますよね。

しかし、塗らなかったら塗らないで、肌は日焼けしてしまいます。日焼け止め選びは非常に難しいものです。

肌にとって最も「やさしい」状態とは、洗顔後の何もつけない状態であるといわれています。日焼け止めには、界面活性剤や防腐剤が含まれているので、やはり何もつけないよりは、負担はかかると考えて間違いはないでしょう。

肌への負担を減らすためには、なるべく自分に合ったSPF値のものを選ぶことが大切です。SPF値は日焼け止めの効果ではなく、紫外線から肌を守ってくれる時間を表しています。

自分が外で過ごす時間がどれくらいあるか」というのを考えてから日焼け止めを選びましょう。たとえば、電車を利用している会社員や学生の方が、SPFが最大値のものを選ぶ必要はないのです!

■肌への負担が少ないもの

また、同じ日焼け止めでも、「散乱材」と「吸収材」に分けられます。この2つでは、肌への負担がかなり違います。

両者の違いは以下のようなものです。

① 散乱材・・・紫外線を跳ね返して肌を守る

② 吸収材・・・紫外線を熱に転換することでその害を無害化する

こちらの2つを比べると、肌への負担が少ないのは散乱材です。

汗に弱いので、塗りなおす手間がかかるというデメリットはありますが、「外出は少なく室内で過ごすことが多い」「肌が弱いのでできるだけ負担をかけたくない」などのように考えている方は、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを選ぶと良いでしょう。

石鹸で落とせる日焼け止めのメリット

■肌への刺激が少ない

一番のメリットは、やはり肌への刺激が少ない点と言えます。日焼け止めには色々な化学物質が含まれていますが、石鹸で落とせる日焼け止めのほとんどはノンケミカルとなっています。

そのため「石鹸で落ちる」のですが、これはつまりクレンジング料も使わなくて良いということになります。

クレンジングを使うとどうしても肌へ刺激を与えてしまうので、「使わなくて良い」もしくは「使う回数が減る」というだけでも大きな負担を減らすことが出来ます。

■敏感肌の方・お子様も使える

上記の点に付随して、敏感肌の方や小さな子供でも使いやすいというのもメリットの一つです。

特に親子そろって同じ日焼け止めを使いたいという場合は、石鹸で落とせるタイプの日焼け止めを探すとよいでしょう。

敏感肌の方、肌が弱いお子様でも使うことができる日焼け止めも多く発売されています。

■自然環境への配慮

石鹸で落とせる日焼け止めは、紫外線吸収剤が使われていないものがほとんどです。

実はこの紫外線吸収剤は、自然環境にもあまり良くない影響を与えてしまいます。

アメリカ・ハワイ州では、特定の成分(紫外線吸収剤に使われる成分)が含まれている日焼け止めの販売・流通を禁止するという法案が可決されました。

これは、サンゴ礁に有害とされる日焼け止めの成分が海へ流れ出し、白化現象(サンゴが死んでしまう)が起きているためです。つまり、石鹸で落とせる日焼け止めを使うことは、少なからず自然環境への配慮とも考えることが出来ます。

石鹸で落とせるおすすめ日焼け止め【新発売アリ】

だんだんと紫外線も夏に向けて高くなってきましたね!新作の日焼け止めも続々と登場しているので、まずは『石鹸で落とせる新発売の日焼け止め』を紹介していきます♪

■アクアシャボンスポーツ/UVオイルNo.1

アクアシャボンスポーツ新作日焼け止め

引用元:アクアシャボンスポーツ プレスリリースファイルより

50ml/1,450円 SPF50+ /PA++++

「汗をかくと落ちる」「日焼け止めが落としにくい」といった悩みを解決するために生まれた新感覚オイルタイプの日焼け止めです。

オイルタイプということでしっかりと肌に密着し、汗や皮脂に強く崩れにくいのが特徴です。ウォータープルーフタイプでありながら、クレンジング不要・石鹸で落とせます。汗をかくスポーツ時や野外レジャーにぴったりですね。

2月15日より、全国のバラエティショップ、ドラッグストアを中心に発売中です♪

■マミーボタニカルシリーズ/UVナチュラルミルク

 

View this post on Instagram

 

マミー/Mommy!さん(@mommy.kissme)がシェアした投稿

※写真はマミーボタニカルシリーズの別商品です

60ml/1,400円 SPF50+ /PA++++

天然植物の恵みに着目したスキンケアアイテムを出しているマミーボタニカルシリーズからは、無添加・低刺激処方の日焼け止めが新発売します。なんと80%が食品成分(食品に使用される成分の範囲内から厳選した成分)でできており、小さなお子様でも使えるほどの優しさです。

ウォータープルーフタイプなので、外で遊び汗をたくさんかくお子様にもおすすめですね!3月8日より発売中です。

■Pro.シリーズ/PHプロテクトUVスプレー

 

View this post on Instagram

 

ビービーラボラトリーズさん(@bblaboratories)がシェアした投稿

90ml/1,500円 SPF50+ /PA++++

スプレータイプの日焼け止めで、こちらもクレンジング不要・石鹸で落とすことができます。日焼け止めスプレーの良い所は、サッとひと拭きするだけで紫外線ケアができるということ!特に忙しい朝や出かける直前でもパパッとできるので、一つ持っておくと何かと便利ですね。

シトラス&フローラルの香りがほのかに香るので、一日の始まりに付ければ気分もきっと上がります♪顔、ボディ、髪とまさに全身に使えるので(顔はメイクの上からもOK!)、ぜひ試してみてください。2月22日より発売予定です。

■ALLIE/エクストラUV ハイライトジェル

 

View this post on Instagram

 

cosme._.otakuさん(@cosme._.otaku)がシェアした投稿

60ml/オープン価格 SPF50+ /PA++++

人気日焼け止めの一つであるアリィーからも、石鹸(洗顔料やボディソープ)で優しく落とせることができる日焼け止めジェルが登場!

汗や水はもちろん、日常のこすれや摩擦にも強いフリクションプルーフ機能があるジェルは、美容液成分も配合しており、みずみずしいテクスチャーが特徴です。ジェルの色はニュアンスグリーン、そして輝度の高いパールが肌にムラなく付くので、全体的に肌をトーンアップさせることができます。

くすみを飛ばし肌を明るく見せてくれるので、化粧下地としてもバッチリです!2月16日より全国のドラッグストア、バラエティショップなどにて発売中です。

ちなみに、2月1日からは同じくエクストラUV ハイライトジェルのピンク色が数量限定で発売中!

桜をイメージしたパッケージが可愛いですね♪ピンク色なので肌に程よい血色感を与えてくれます。限定発売のようなので、見かけたらぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか?

■まかないコスメ/守るだけじゃないUVミルク

まかないコスメUVミルク

引用元:まかないコスメ プレスリリースより

50ml/3,200円 SPF50+ /PA++++

まかないコスメは金沢の金箔屋から生まれた化粧品ブランドです。油分の中に水分を抱え込む「ウォーターinオイル処方」で保湿力は高く、肌にツヤを与えてくれるのが特徴。

ハトムギエキスなどの植物由来エキスをバランス良く配合しており、綺麗な肌へと育むことへもアプローチします。合成界面活性剤、紫外線吸収剤、パラベン不使用でお肌に優しく、石鹸で落とせるのでナチュラルメイクの下地としてもおすすめですよ♪

■オンリーミネラル/ミネラルプラスUVミルク

@cosme_banchoがシェアした投稿

28ml/2,800円 SPF50+ /PA++++

「石鹸で落とせる化粧品」としても有名なオンリーミネラルの日焼け止めです。

SPF50+と高い日焼け止めですが、クレンジング不要で、石鹸洗顔で落とせます!界面活性剤や吸収剤などは含んでおらず、その代わりに天然由来成分が多く含まれています。

「石鹸で落とせる」という優しさだけでなく、ほんのりピンク色で透明感のある肌に仕上げてくれる優しさも♪敏感肌の方でも使い易く、化粧下地としても使える便利な日焼け止めです。

■オルビス/サンスクリーン(R)フリーエンス

@rururunpapapaがシェアした投稿

50ml/1,200円 SPF30/PA+++

「SPF50ほど高い日焼け止めでなくてもいい!」という方は、SPF30の『オルビス サンスクリーン(R)フリーエンス』が良いでしょう。吸収剤不使用で、敏感肌の方やお子様でも使い易い日焼け止めミルクです。

日常生活で使うものは、ストレスフリーなものが良いですよね。こちらの日焼け止めは、日焼け止め特有のにおいや白浮きもなく、するすると使えます♪

顔だけでなく腕や脚など全身に使えるので、全身用の日焼け止めを探している方にはぴったりですね。石鹸で落とせるので、お風呂ではいつも通り洗い流すだけでOK!価格も税込み1,296円で買えるとあってお手ごろです。

■ヴェレダ/エーデルワイス UVプロテクト

Sue.Sさん(@sue.0724)がシェアした投稿

50ml/2,300円 SPF38/ PA++

自然派コスメを多く発売しているヴェレダは、石鹸で落とせる自然派日焼け止めもあります。こちらのエーデルワイスUVプロテクトは、今年の2月にリニューアルしました!SPF値も低めなので、一年を通して紫外線対策をしたいという方にぴったりです。

リニューアル後は、植物成分がたっぷり配合されているだけでなく保湿成分も1.3倍に増えています。

紫外線吸収剤不使用の他、合成保存料や着色料なども不使用で、天然由来成分100%で作られています。

■ママバター/UV ケアクリーム

@jovijovi2016がシェアした投稿

45g/1,200円 SPF25/PA++

全身に使える日焼け止めです。紫外線対策としてだけでなく、天然由来保湿成分やシアバター配合により保湿ケアの役割も担ってくれます!

肌の乾燥が気になる方、日焼け対策ついでに保湿ケアをしたい方にもおすすめの日焼け止めとなっています。また、肌をワントーン明るく見せてくれるので、日焼け止め兼化粧下地としても使うことが可能です♪

赤ちゃんのお肌にも使えるクリームですので、親子で一緒に使える日焼け止めを探している方にもぴったりでしょう。無香料タイプもあるので、香りを気にせず使うことが出来ます。

■ママラボ/UVミルキージェルF

may8さん(@may.may8)がシェアした投稿

280g/1,400円 SPF41/PA+++

『ママラボ UVミルキージェルF』は、お子様でも使い易いポンプ式です!もちろんお子様も使え、石鹸で落とせる肌に優しい日焼け止めです。蚊の嫌がるシトラスハーブが香るので、夏の外出やアウトドアシーンにぴったりですね。

内容量は280gと他とは比べ物にならないくらい大容量!かつ1,400円と抜群のプチプラです。公園や買い物などに頻繁に行くお母さんもたっぷり使えます!

■shiro/サンケアローション

50ml/6,800円

「石鹸で落とせる」という枠を超え、shiroのサンケアローションは、なんと洗い流す必要がない日焼け止めです!これは驚きですね。まさに新発想!新しいタイプの日焼け止めです。

抗酸化作用と紫外線防御作用を含むたまねぎ、紫外線から守る働きを持つトマト、シアバターなど、shiroならではのこだわりが詰まった肌に優しい日焼け止めです。

使い方は簡単で、基礎化粧品でいつもどおり肌を整えた最後に付けるだけです。出かける前の朝はもちろん、夜のスキンケアとして使うことも出来ます!

肌に負担をかけない【飲む日焼け止め】

腕や脚は良くても、「日焼け止めを塗ると顔だけ肌荒れしやすい」という方も多いですよね。「できれば日焼け止めを塗りたくないけど、日焼けはしっかり防ぎたい!」という方は、最近話題になっている飲む日焼け止めを試してみるのもおすすめです。

サプリタイプなので紫外線吸収剤や紫外線錯乱剤などによる肌荒れは一切ありません。肌荒れしやすい方でも積極的に使える日焼け止めになっています♪

厳選!飲む日焼け止めサプリおすすめ3選【2019年版】ではおすすめの飲む日焼け止めサプリを紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

2019年4月19日更新最近注目されている「飲む日焼け止めサプリ」!使ってみたいけど実際の効果はどうなの?なぜサプリメントだけで日焼け対策ができるの?など色々な疑問をお持ちの方も多いでしょう。飲む日焼け止めについて全く知らない人でも大丈夫です。日焼け対策...

自分の肌や環境に優しい日焼け止めを。

日焼け対策のためにSPF値の高い日焼け止めを使うのも良いですが、肌のことを思うと使い過ぎも肌荒れの原因となってしまうでしょう。がっつり外出するときや海に行くときなどはSPF値の高い日焼け止めを、日常生活の範囲内では石鹸で落とせる日焼け止めを使うなど、シーンに合わせて変えることも日焼け対策には必要です♪

石鹸で落とせる日焼け止めの多くは、敏感肌の方や小さなお子様でも肌荒れしにくいものが多くなっているので嬉しいですよね。肌への負担も減らしつつ、十分は日焼け対策を行いましょう!

<肌に優しい日焼け止め~関連記事~>

SPF値が低いものは、夏だけでなく秋冬でも使えます!肌に優しい日焼け止めでもおすすめの日焼け止めをご紹介していますので、あわせて参考にしてみてください。

2019年4月15日更新日焼け止めは、紫外線対策を行うためには季節を問わない必需品です。紫外線の量から見ると、もちろん冬は夏よりも少なくなりますが、紫外線がまったくない状態ではないのです。つまり、秋冬でも日焼け止めクリームは必要になります!また、オフィス...

beauty

ranking