【石鹸で落とせる日焼け止め】敏感肌の方や子供にも使える!

毎日欠かさず行うメイクは、日焼け止めや化粧下地、ファンデーションなどなど、色々な化粧品を使いますよね。

綺麗に魅せるためとはいえ、お肌への負担が気になる方も多いはず。

毎日繰り返し使っていると、知らず知らずのうちに肌荒れになってしまうこともあります。

特に、敏感肌の方は気になりますよね。

日焼け止めは、SPF値が高ければ高いほど負担が大きいと言われています。

これからの季節は毎日使いたい必需品ですが、肌荒れを引き起こす原因にもなり得ると考えると、ためらってしまいますよね。

そこで、これから大活躍するであろう【石鹸で落とせる日焼け止め】をご紹介します!

日焼け止めによる肌のダメージとは?

石鹸で落とせる日焼け止めをご紹介する前に、日焼け止めが肌に与えるダメージはどのようなものなのでしょうか。

紫外線には気を付けたいけれど、日焼け止めは肌に負担になるのであまり付けたくないという考えの人もいるかと思います。

特に、敏感肌の方はどの日焼け止めを使うか迷うポイントでもありますよね。

しかし、塗らなかったら塗らないで、肌は日焼けしてしまいますよね。

日焼け止め選びは非常に難しいものです。

肌にとって最も「やさしい」状態とは、洗顔後の何もつけない状態であるといわれています。

日焼け止めには、界面活性剤や防腐剤が含まれているので、やはり何もつけないよりは、負担はかかると考えて間違いはないでしょう。

肌への負担を減らすためには、なるべく自分に合ったSPF値のものを選ぶことが大切です。

SPF値は日焼け止めの効果ではなく、紫外線から肌を守ってくれる時間を表しています。

自分が外で過ごす時間がどれくらいあるか」というのを考えてから日焼け止めを選びましょう。

たとえば、電車を利用している会社員や学生の方が、SPFが最大値のものを選ぶ必要はないのです!

また、同じ日焼け止めでも、「散乱材」と書いてあるものと、「吸収材」とあるものでは肌への負担がかなり違います。

両者の違いは以下のようなものです。

散乱材・・・紫外線を跳ね返して肌を守る

吸収材・・・紫外線を熱に転換することでその害を無害化する

 

つまり、肌への負担が少ないのは散乱材です。

汗に弱いので、塗りなおす手間がかかるというデメリットはありますが、汗をかかない冬の時期にはこうしたものを使ってみてもいいのかもしれませんね♪

「オンリーミネラル/ミネラルプラスUVミルク」(SPF50+ /PA++++)

@cosme_banchoがシェアした投稿

「石鹸で落とせる化粧品」としても有名なオンリーミネラルの日焼け止めです。

SPF50+と高い日焼け止めですが、クレンジング不要で、石鹸洗顔で落とせます!

界面活性剤や吸収剤などは含んでおらず、その代わりに天然由来成分が多く含まれています!

「石鹸で落とせる」という優しさだけでなく、ほんのりピンク色で透明感のある肌に仕上げてくれる優しさも♪

敏感肌の方でも使い易く、化粧下地としても使える便利な日焼け止めです。

「オルビス/サンスクリーン(R)フリーエンス」(SPF30/PA+++)

♥︎naoさん(@nao.lala12)がシェアした投稿

SPF50ほど高い日焼け止めでなくてもいい!」という方は、SPF30の『オルビス サンスクリーン(R)フリーエンス』が良いでしょう。

吸収剤不使用で、敏感肌の方やお子様でも使い易い日焼け止めミルクです。

日常生活で使うものは、ストレスフリーなものが良いですよね。

こちらの日焼け止めは、日焼け止め特有のにおいや白浮きもなくするすると使えます♪

顔だけでなく腕や脚など全身に使えるので、全身用の日焼け止めを探している方にはぴったりですね。

石鹸で落とせるので、お風呂ではいつも通り洗い流すだけでOK!

価格も税込み1,296円で買えるとあってお手ごろです。

「ママラボ/UVミルキージェルF」(SPF41/PA+++)

may8さん(@may.may8)がシェアした投稿

『ママラボ UVミルキージェルF』は、お子様でも使い易いポンプ式です!

もちろんお子様も使え、石鹸で落とせる肌に優しい日焼け止めです。

蚊の嫌がるシトラスハーブが香るので、夏の外出やアウトドアシーンにぴったりですね。

内容量は280gと他とは比べ物にならないくらい大容量!かつ1,400円と抜群のプチプラです。

公園や買い物などに頻繁に行くお母さんもたっぷり使えます!

「shiro/サンケアローション」

こちらの日焼け止めは、3月8日に発売したばかりの『shiro サンケアローション』です。

「石鹸で落とせる」という枠を超え、こちらのサンケアローションは、なんと洗い流す必要がない日焼け止めです!

これは驚きです。そして新しいタイプの日焼け止めですね。

抗酸化作用と紫外線防御作用を含むたまねぎ、紫外線から守る働きを持つトマトシアバターなど、shiroならではのこだわりが詰まった肌に優しい日焼け止めです。

使い方は簡単で、基礎化粧品でいつもどおり肌を整えた最後に付けるだけです。

出かける前の朝はもちろん、夜のスキンケアとして使うことも出来ます!

肌に優しい日焼け止め

いかがでしたか?

肌を焼かないようにするためにSPF値の高い日焼け止めを使うのも良いですが、肌のことを思うと使い過ぎも肌荒れの原因となってしまうでしょう。

がっつり外出するときや海に行くときなどはSPF値の高い日焼け止めを、日常生活の範囲内では石鹸で落とせる日焼け止めを使うなど、シーンに合わせて変えることも日焼け対策には必要です♪

石鹸で落とせる日焼け止めの多くは、敏感肌の方や小さなお子様でも肌荒れしにくいものが多くなっているので嬉しいですよね。

肌への負担も減らしつつ、十分は日焼け対策を行いましょう!

beauty

ranking