あなたはどの日焼け止めが好み??【日焼け止めタイプ別にご紹介!!】

近年さまざまなタイプの日焼け止めが発売されるようになりました。

日焼けを防ぐためだけではなく、保湿効果やテクスチャー、使いやすさなどにこだわりを持った日焼け止めが数多くみられます。

ではどんな日焼け止めのタイプがあるのでしょうか??

それぞれの特徴を理解して、自分に合った日焼け止めを選ぶ参考にしていただけたらと思います♪

【クリームタイプ】

j u r i k a ❤︎”さん(@lululun_4)がシェアした投稿


日焼け止めで最もメジャーなのはこちらのクリームタイプ。

保湿力が高いため乾燥肌の方にオススメです!

水や汗にも強く、化粧下地にも使用できる点がポイントです。

長時間使いたいときには便利ですね♪

ただし、油分が多く配合されているものもあり、肌トラブルの原因になってしまうことも。

また、あまり伸びが良くないので塗りにくく、白浮きしてしまう場合もあるので購入前にサンプルでテクスチャーの確認をするといいですよ!

【スプレータイプ】

佐藤 弥生さん(@yayoyayo_s)がシェアした投稿


スプレータイプの日焼け止めは手を汚すことなく使える点が便利です♪

手軽に塗り直しをしたい場合、特にメイクの上からの塗り直しに重宝されています。

そして髪にも使えるところがスプレータイプの一番のメリット!!

背中やふくらはぎなど、塗りにくい所にも簡単にスプレーすることができます。

サラッとしていてベタつきも少ないです。

ただし、拡散しやすく、ムラが生じてしまう可能性があるので、他のタイプとの併用もオススメです。

 

【ジェルタイプ】

narumiさん(@naaaaarumiiiin)がシェアした投稿


ジェルタイプはベタつかずサラッとしているのが特徴です。

日焼け止め特有の匂いも少ないので、ベタつきや匂いが苦手な方には使いやすいタイプですね!!

水分がたっぷりと含まれており、伸びも良く全身に使いやすいのが嬉しいポイント♪

透明なので、白浮きしてしまう心配もナシ!!

ただし、水や汗によって落ちやすいものもあるので、海やレジャーで使用する際はウォータープルーフタイプを選びましょう!

 

【シートタイプ】

R0902R0830さん(@hhmama92)がシェアした投稿


ウエットシートや制汗シートのように、UVカットの成分を含んだシートで拭くだけで日焼け止めができます。

手軽に持ち運べる点や、外出先での塗り直しが便利なところがメリットです!

また、シートタイプなので首筋や耳、足の甲など、塗りづらい細かな部分にも使いやすいですよ♪

ただし、手軽なぶん、持続時間が短くなってしまうようです。

クリームやジェルなどの補助的な役割として併用するのが良いでしょう!

 

【無添加タイプ】

ゆいのさん(@aaj7ma)がシェアした投稿


無添加タイプの日焼け止めは肌への刺激が少なく、安心して使用することができます♪

特に敏感肌の方や赤ちゃん、子どもの肌にオススメです!

通常の日焼け止めによく含まれている「紫外線吸収剤」は、紫外線を有機物質と反応させることによって、紫外線の影響を取り除いてくれる成分なのですが、化学物質が含まれているので肌荒れやかぶれを引き起こしてしまう可能性があります。

オーガニックの日焼け止めは、ノンケミカル「紫外線錯乱剤」という成分によって紫外線を反射させてブロックしてくれます。

ただし、紫外線をガードする効果はケミカルなものに比べると弱くなってしまうので、こまめな塗り直しが必要です。

 

【オイルタイプ】

@chiharun.11がシェアした投稿


近年、ココナッツオイルなど植物由来のオイルにも日焼け止め効果があると話題になっていますが、そんな中、オイルタイプの日焼け止めが続々と商品化されてきています!

今までオイルと言えば日焼けをしたい時に塗る「サンオイル」のイメージがあったのですが、水や汗にも強く、伸びも良いオイルタイプが日焼け止めとしても使用されるようになっています♪

オイル特有の油膜感やベタつきも少なく、白浮きしないところもポイントです!

ただし、服の素材によっては日焼け止めがついたところが変色してしまう可能性もあるそうです。

 

【サプリタイプ】

玲ちゃむさん(@reicyamu5)がシェアした投稿


じわじわと注目を集めはじめているのがサプリタイプ、いわゆる「飲む日焼け止め」です!

飲むタイプの日焼け止めは、肌に直接塗る必要がないので、日焼け止めを塗るのが面倒だったり、日焼け止め特有のベタつきや匂いが苦手な方、肌の弱い方にオススメです。

肌に優しいのが一番のメリットですね♪

ただし、商品によって効果や成分に違いがあります。

体内に取り入れるものなので、成分や安全性についてはよく確認して選んでくださいね。

 

【パウダータイプ】

🌼 mayumi 🌼さん(@mahoshi2525)がシェアした投稿


パウダータイプの日焼け止めはファンデーション代わりに使うことができる点がポイントです!

スプレータイプと同様にメイク後の塗り直しにも便利です。

パウダーなので付け心地が軽く、サラサラ感が続きます!

ただし、効果の持続性があまりないので、他のタイプとの併用や、塗り直し用として使用するのが良いでしょう。

粉末状になっているルースパウダータイプと、パウダーを固めたプレストタイプがあり、持ち運びにはプレストタイプがオススメです♪

【日焼け止めは心強い味方!!】

日焼け止めは特に夏場になると毎日のように使う機会が増えてきます。

毎日使う物だから、自分の肌に合った日焼け止めを選びたいですね。

最近はほとんどの日焼け止めが石けんだけで落としやすくなっていたり、スキンケアに配慮した日焼け止めも多くなり、日々進化しています。

自分の生活スタイルや肌の状態、日焼けのタイプによって、使いやすい日焼け止めがあると思いますので、日焼け止めを上手に活用して美白を目指しましょう♪

beauty

ranking