【紫外線で髪も日焼けする!?】夏に受けたダメージは早めのヘアケアで改善を!

【最終更新日:2018年9月7日】

秋の訪れが近づいていますが、日差しの強い日ももう少し続きそうです。

顔やボディへのUV対策をしている方は多いと思いますが、髪や頭皮への対策はどうでしょうか。

結構忘れがちになっていませんか??

 

夏に受けた紫外線ダメージは秋になると徐々にあらわれてきます。

ダメージヘアは早めに改善して、いつも健康的な髪でいたいですね。

今回は髪や頭皮への紫外線による影響とUV対策・アフターケアについてご紹介したいと思います。

【見落としがちな髪と頭皮へのUV対策】

UV対策のパーツで見落としがちなのが髪と頭皮です。

実は肌よりも多くの紫外線を浴びていることをご存知ですか?!

髪も「日焼け」します

紫外線の髪への影響は、顔に受ける影響の約3倍にもなっているのだとか!!

髪や頭皮も紫外線によって多くのダメージを受けてしまうので、十分なUV対策が必要ですね。

 

【髪への影響は?】

紫外線の影響を受けると、髪表面をおおっているキューティクルが失われてしまいます。

そこから髪内部が乾燥し、パサついてツヤのない髪に!!

切れ毛や枝毛の原因にもなるんです。

また、紫外線は髪のメラニン色素を分解してしまうので、特にヘアカラーしている髪は褪色が早くなり、ヘアカラーの持ちが悪くなります。

そのまま何もせず過ごしていると秋頃には大事な髪がバサバサのダメージヘアに・・・

秋になると空気も乾燥してくるのでさらにダメージは加速していきます。

 

【頭皮への影響は?】

頭皮も肌の一部分です。

顔や腕などと同様に、日焼けをすると赤く炎症をおこしたり、頭皮の乾燥を招きます。

ひどいときには日焼け後に皮がはがれて「フケ」が発生して大変なことになってしまいます!

頭皮は健康な髪を作る大切な部分で、髪のボリュームダウンや抜け毛など、ヘアサイクルにも悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

そして、頭皮は顔の皮膚とつながっていますね。

顔のUV対策だけ頑張っていても、紫外線を受けた頭皮の影響で、顔のたるみやシワを引き起こしてしまうかもしれません!

 

【日焼け対策】

■スプレータイプの日焼け止め

一番手っ取り早くUV対策出来る方法です。

近年はスプレータイプの日焼け止めも数多く発売されているので、使用している方も増えましたね。

全身に使えるタイプやトリートメント効果のある髪専用タイプ、香り重視のタイプなど、お好みに合わせた日焼け止めをチョイスしてくださいね。

購入の際は日焼け止めの効果を表す「SPF」「PA」の確認も忘れずに!

 

『ミーファ フレグランスUVスプレー』

SPF50+ PA++++

80g

1200円(税別)

NAPLA

こちらは日焼け止めなのに、とっても良い香りで大人気となっているスプレーです♪

上品な4種類の香り付きと、無香料の5種類が販売されています。

日焼け止めの匂いが苦手な方にもオススメ!

https://twitter.com/_Rikuxx__/status/1025302020788375552

 

■帽子や日傘でカバー

日焼け止めスプレーやトリートメントをした後は、帽子や日傘の併用をするとさらにカバー力がアップします。

特に屋外レジャーなどで外にいる時間が長い日には、つば広の大きめな帽子が良いですよ!

以前ご紹介した日焼け対策グッズの記事「UV対策のマストアイテムその1【日傘】!!」「UV対策のマストアイテムその2【サングラス・帽子】!!」も合わせて参考にしてみてくださいね。

https://twitter.com/mn_15roc/status/1003793650172588032

 

■髪をまとめる

髪をまとめて、日差しに当たる面積を小さくするだけでも紫外線の影響は少なくできます。

これから梅雨シーズンや真夏の気温になると、まとめ髪にする機会も増えますよね。

可愛いまとめ髪アレンジを研究して、おしゃれもUV対策も万全にしちゃいましょう♪

 

■飲む日焼け止めを取り入れる

近年、日焼け止め対策として注目を集めているのが「飲む日焼け止め」です!

体内から取り入れるサプリタイプなので、日焼け止め特有のベタつきや匂いが気になる方に好評です。

髪の毛に直接日焼け止めをつけることに抵抗がある方や、面倒に感じている方には便利な日焼け止めですね。

ただ、直接塗る日焼け止めよりは効果が弱いこともあるので日傘や帽子との併用がオススメです。

 

【アフターケア】

特に日焼け止めスプレーを使った日は丁寧なシャンプーを心がけてくださいね。

日焼け止めをしっかり落として、アフターケアすることが大切です♪

 

■シャンプーをする時のポイント

毛先から丁寧にブラッシングをする

・まずは髪に付着した汚れやホコリを落とすためと、髪の絡まりをほどくためにブラッシングをしましょう。

②先にぬるま湯で十分すすぎ洗いをする

・熱すぎるお湯では頭皮や髪から必要以上の皮脂が落ちてしまってダメージにつながります。

体温に近い35~40度くらいのぬるま湯が適温とされています。

泡立てたシャンプーで優しく洗う

・ダイレクトに髪にシャンプーを付けるのではなく、手のひらで泡立ててから指の腹を使って優しく洗ってあげましょう。

直接髪につけると、泡立てる際に髪をゴシゴシ擦ることになり髪へのダメージにつながります。

④泡立ちが悪い時は一度洗い流して、もう一回泡立てたシャンプーで洗う

・日焼け止めを使うと、日焼け止めや汚れが落ちにくくなります。

泡立ちが悪いときには一度洗い流してしまい、再度泡立てたシャンプーで洗ってみてください。

⑤コンディショナーやインバストリートメントをつけて、最後はすすぎをしっかり

・シャンプー後はコンディショナーやトリートメントをつけます。

つけた後、少し時間をおいてからすすぐ方もいますが、時間をおいてからでも、すぐに洗い流してもどちらでも良いそうです。

ただ、最後は洗い残しの無いようにしっかりとすすいでください。

丁寧にタオルドライする

・濡れている髪はとてもデリケートな状態です。

こちらもゴシゴシ擦ることのないように、タオルで優しく押さえるように水気を吸い取ってください。

⑦アウトバス(洗い流さない)トリートメントをつける

・こちらはお好みですが髪を乾かす前にトリートメントをつけると、髪の乾燥のしすぎを抑えたり補修効果を高めてくれます。

⑧髪をドライヤーできちんと乾かす

・濡れている髪はキューティクルが開いている状態で、そのままにしておくと乾燥が進みパサつきの原因になります。

ドライヤーですばやく乾かして、キューティクルを閉じてあげます。

 

■ヘアトリートメント

『TSUBAKI プレミアムリペアマスク』

180g

オープン価格

資生堂

 

View this post on Instagram

 

楠美きよりさん(@kkiyori)がシェアした投稿


インバス(洗い流す)トリートメントです。

美容成分が多く配合されており、補修効果もばっちり!!

すぐに洗い流してもOKな所も人気の理由です。

 

『モロッカンオイル トリートメント』

25ml・1,600円

100ml・4,300円

MOROCCANOIL

 

View this post on Instagram

 

NaNaKaさん(@nnk.w)がシェアした投稿

アウトバス(洗い流さない)トリートメントです。

保湿成分、美容成分ともにたっぷり入っていますが、付け心地はサラサラで使いやすいと人気です♪

 

『エルジューダ サントリートメントセラム』

SPF25 PA+++

120mL

MILBON

https://twitter.com/yurikaberry/status/975151291537092608

UVカット効果のあるヘアトリートメントは紫外線によるダメージも抑えてくれます。

こちらはUVカット&毛髪補修効果が期待できる「サントリートメント」です♪

日焼け止めスプレーが苦手な方や、ゴワつきが気になる方にオススメです。

スタイリングの際に使用して、髪のキューティクルを守りましょう!

オイルの他にミルクタイプもあるので自分の好みに合わせて使用できます。

 

夏に受けたダメージは早めのヘアケアで

夏に受けた紫外線によるダメージは、肌と同様に髪の毛も早めのヘアケア対策とUV対策に取り組んで、秋以降もキレイな髪でいたいですね♪

 

≪参考サイト≫

髪の日焼けにご注意!女性の髪も徹底UV対策(https://allabout.co.jp/gm/gc/5545/

実は顔より日焼けする!? 髪と地肌の紫外線対策(https://allabout.co.jp/gm/gc/463005/

beauty

ranking