【オールインワンジェルのデメリットとは】5つのデメリットをご紹介

「時短スキンケアができる!」「色々な基礎化粧品を揃えなくていい!」などの声も多く、オールインワンジェルは人気アイテムの一つです。

たしかに、忙しい朝や働くお母さんなどにとっての強い味方ですよね♪

【化粧水→美容液→乳液→保湿クリーム】が一つにまとまったオールインワンジェルは、

  • 時短
  • コスパが良い
  • スキンケアが面倒に感じるときでもやりやすい
  • 一度に多く使える

 

などメリットが多くありますが、反対にデメリットはあるのでしょうか?気になる方もいるでしょう。

そこで、意外と知らない【オールインワンジェルのデメリット】をいくつかご紹介します。

これからオールインワンジェルを使おうと考えている方は、お役立て下さいね♪

肌トラブルを招く可能性がある

これはオールインワンジェルのみに限らず、通常の化粧水や乳液に関しても言えることですが、オールインワンジェルの方が若干可能性が高いとも言えるでしょう。

その理由は、『化粧水→美容液→乳液→保湿クリームが一つにまとまっていること』にあります。

スキンケアの行程を一つにギュッと凝縮させたオールインワンジェルは、色々な美容成分が配合されています。

化粧水や乳液を単品で使っていく場合には、入っている成分(自分の肌に合わない成分)を基準に選ぶことができますよね。

しかし、オールインワンジェルの場合は、単品で使う基礎化粧品よりも多くの美容成分が配合されているので、肌に合わない成分が入っているものを使ってしまう可能性が高いのです。

それだけでなく、色々な美容成分が配合されているため、「どの成分が自分の肌に合っていないのか分かりづらい」というデメリットもあります。

使い続けていくと、肌トラブルを起こすこともあり得ます。

特に敏感肌の方や、肌の調子が変わりやすい方は肌トラブルを起こしやすいので、注意が必要です。

使う量の調整がしにくい

オールインワンジェルの多くは、ジャータイプと呼ばれるフタ付きの丸い容器が使われています。

たっぷりと取ることができるので十分な保湿ができたり、顔パックに使ったりする場合は便利ですが、思わず多く取りすぎてしまうこともあります。

もう一度容器に戻すのは、衛生上あまり良くありません。

ooo__oooさん(@minkororo)がシェアした投稿

スパチュラなどを使ってすくうことで量の調整がしやすいこともありますが、急いでいるときや手間を省きたいときにはあまり使えませんよね。

ですので、一度に使う量の調整がしにくいというデメリットがあります。

「スキンケアが物足りない!」と感じる

今まで一つ一つのスキンケアを丁寧に行っていた方にとっては、オールインワンジェル一つで済ませてしまうことが「スキンケアが物足りない!」と感じる方もいるでしょう。

また、「オールインワンジェルで済ますなんて美意識が低いな・・・」と思ってしまう方もいるのではないでしょうか。

通常、化粧水からクリームまで、時間をかけて3~4点の基礎化粧品を使っていきますよね。その反面、オールインワンジェルは1点のみ!

「オールインワンジェル」として凝縮されているので、水分補給や保湿、アンチエイジングなど、何かに特化したスキンケアはしにくいと言えるでしょう。

感じ方は人それぞれですが、「しっかりとスキンケアをしているという実感を持ちにくい」、「美意識が低いと思われそう」と感じてしまうのもデメリットの一つかもしれませんね。

肌の調子や季節によって変えにくい

たとえば化粧水の場合、「冬はたっぷり保湿タイプ」「夏はさっぱりタイプ」のように使い分けている方も多いでしょう。

Oshさん(@skincare_junkieosh)がシェアした投稿


「最近乾燥が気になるなあ」という方はしっとりタイプの乳液を使ってみたり、「シミやしわが気になるからこっちの美容液を使おう」と変えてみたりなど、単品で使用する場合は肌の調子や季節によって使い分けることができますよね。

しかし、オールインワンジェルの場合は、肌の調子や季節によって使い分けるのは難しい部分があります。

その理由もやはり、化粧水からクリームまで一体型となっているためです。

きめ細かいスキンケアはしにくいので、デメリットとなってしまうでしょう。

べたつきやすい

オールインワンジェルは保湿力が高い分、べたつきやすいというデメリットがあります。

「たっぷりと保湿をしたい!」という方にはぴったりかもしれませんが、必ずしも高保湿が良いとは限りません。

特に汗をかきやすい夏場は、「ひんやりタイプのものを使いたい!」と思っている方も多いですよね。

基礎化粧品によるべたつきが苦手な方脂性肌の方などにとってはあまり使いやすいアイテムではないかもしれません。

デメリットも知った上でオールインワンジェル選びを

「オールインワンジェル=便利アイテム」というイメージでしたが、意外にもデメリットも多くありましたね!

直接自分の肌に触れるものなので、「面倒くさがらず丁寧にスキンケアを行った方が自分のため!」と思った方も多いのではないでしょうか。

しかし、必ずしもオールインワンジェルは悪い面だけではありません

良い面・悪い面を両方知った上で、自分に合ったオールインワンジェルを使ってみてはいかがでしょうか♪

beauty

ranking